FC2ブログ

魂の成長とは

さて、魂の成長とは一体?どいうことかなー。
友人を通して守護霊が言ったらしい言葉を考えてみます。
あたしはこれからどうしたらいいのかなー?

自分なりに考えてみたり、それからも神様とか霊魂とか潜在意識とかの本を片っ端から読んで考えてみます。
中にはやはり、そういうことを言う人は低級な霊がついているだけだという人もいるし、そもそも神様などに辿り着くわけはないという話しもあるし、昨今のスピチュアルブームに警鐘を鳴らしている人もたくさんいます。

いろいろ読んだり見たり聴いたりして、目に見えないことを論じるのは難しいもんだなということでした。そしてどんなことでもいろんな情報は飛び交っていて、それには表と裏があり、どっちらかが全くの真実でどちらかが全くの嘘ということではなく、やはり総合的なものだろうということを思いました。情報過多な上に、すべてを自分の目や耳や体験で確かめることは不可能です。

どんなことでも、最終的に信じるものは自分の感覚しかありません。

ひとまずあたしは友人に言われたことをやってみることにしました。
お家の床の拭き掃除をして、朝は教えてもらったお経を唱えて、グラウディングと光をイメージする練習をします。せいぜい5分ぐらいのもんです。この光が愛で、それを自分だけではなく家族にも送って上げるイメージです。

それは最初はもう、子供が親に別の子におもちゃを貸してあげなさいと言われて、拗ねてぽんと投げ捨てて渡すような感じで、送るというより放り投げることでしかイメージできませんでした。

それが毎日やっているうちに、日に日に何も考えずにできるようになってきました。友人が必ずできるようになると言っていた通りです。
その間に例年通り実家からお中元が届きました。最近では受け取らずに放っておくことすらありましたが、今回はちゃんと受け取りました。
そして自分も家族が好きだった和菓子やさんの前を通りかかったので、お返しに家族にお中元を送りました。そのとき、これをもし受け取ってもらえなかったら、、、と考えると、家族は本当に悲しかっただろうなと思いました。

今はここまでです。
まだここまでですけど、できるようになりました。

家にもともとあったキリスト教という宗教も、辛いものでしかなかったと思っていましたが、子供の頃から神聖な場所にいることができて、守られたこともたくさんあったんだろうなーということも思うようになりました。目に見えなくても大事なものがあることは、子供の頃からわかっていました。

実際家族と縁を切ったように暮らし、一人になっても、一人という気はしていませんでした。
ずっと穏やかに暮らしていました。
身近にいる人達はもちろん、見えない何かにもずっと守ってもらっていたような気がします。

この年齢になってようやく、本当の自分の中身を覗いたり認めたりすることが少しできるようになってきたのかもしれません。

これからのことはわかりません。
でもこれまでも想像のつかないようなことが起き、想像のつかなかった体験をし、それをひとつずつ乗り越えていくことで生きることが少しづつ楽しくなってきました。

それが成長ということなのかなー?

また進んだり後退したり立ち止まったりすることは多々あると思いますが、今できることを大切に、
ちょっとずつ成長していきたいです。

今願いごとをするとしたら、そういうことかなー?

魔法使いのようなねーさん

先週神社にいったり山に登ってリフレッシュしたおかげか、気分はすっきりしてるんですが、なんだかぼんやり感がとまらず仕事に集中できません。眠いんです。あまり日中眠いとか最近感じなかったんですが。
こりゃいかん。なんか温泉で湯当たりしたような感じですかねー。急にパワーのあるものに触れた好転反応で眠いみたいな。

こりゃ石だ。石の力を借りないと!
急にパワーストーンのブレスレットが浮びます。
パワーストーンのブレスレットというと、今まで2回していたことがあります。

1つはよい恋愛ができるように知人が作ってくれたものなのですが、これをつけるようになってからむしろ恋愛に興味がなくなって楽になり、自然につけなくなりましたw (その後予想外に彼に会った訳なので、効いたと言えば効いたのか?)

もう1つは仕事がうまくいくように祈って自分で選んで買ったもので、これは仕事が落ち着いてきたなーと思ったときに失くしてしまいました。

その後何年も必要に感じたことはなかったんですけどねー。
右手の指につけた、こないだ買った指輪のパワーに比べると、左手が心許ない感じがしてきました。
こっちにもなんかつけたらバランスがとれそうです。
先日会った霊視のできる友人に頼んでもよかったんですが、友人ということからお金、受け取ってくれないんですよねー。依存してもよくないし、今回は自分で買いにいくことにします。

そこで会社帰りに近くの商店街の中にあるパワーストーンやさんへ。記憶にあっただけで、今まで立ち寄ったことはありませんでした。明るくてキレイなお店で、ぐるっと見てみましたが、心惹かれるものがないし、お店の人もなんも話しかけてきません。うーん。場所はここだと思ったんだけど、縁がなければ仕方ないな。

諦めてお店を出ると、なんと向かいにもパワーストーンやさん。ああここだここ、こんな感じだ!
そこはなんだか空気感が違っていていい感じです。
ここもやはりお店の人はいるようでしたが、奥から出てこないのでひとまずぐるっと観察。

あー龍が石をだっこした形のペンダントがあるー、かわいいなー。この石の入ったものがいいなーと思って見ているとようやく顔を出したおねーさん。
そりゃあもう魔法使いみたいなミュージシャンみたいな浮世離れした出で立ちで雰囲気満点!

そうこなくっちゃ!

「この石が入ったブレスレットないですかー?」

「できているものだったらここにあるけどー。気に入らなければ作ってもいいし、名前から必要なものを見てあげてもいいし。」

そうなんだー。
最初にいいなと思った石の入ったブレスレットをいざ見てみるとなんか違う気がします。
うーん。

「えーっとなんていうか、魔除けっていうか除霊っていうかー。」

「ん?魔除けならこれだけどさー。ん?霊?だったら、これ見てみて。」

浄化用のでっかい水晶の山みたいなものの、底を覗いてみてと言われます。

「どう?そこ覗いて気持ち悪いとか違和感とかある?」

「うーん、特になんともないです。」

「じゃ、大丈夫だと思うけど、もう1つこっちも見てみて。」

また別の水晶の原石を見せられますが、こっちはなんかちょっと違和感。
「んー、気持ち悪いってほどではないけど、家に置きたいかといえばおきたくないし、なんか二の腕に
 鳥肌でました。」

「それ、やっぱ憑いとるわ。今の状態で気に入った石つけてもなんも効かんし、ちょっと待って。」

一度奥に入ったねーさんは、ブレスレットを持って戻ってきます。
「ちょっとこれ、つけてみて。なんやぴったりや!」

左腕にぴったりおさまったそれは、うすいグリーンの石のブレスレット。
「うわ、絶対自分では選ばない色や。しかもピリピリする!」

「そりゃそうや。憑いとる霊が嫌がっとるからや。最低3日ははずしたらあかん。お風呂はいるときもつけっぱなしで大丈夫なやつやから。これつけとけば神社やお寺も大丈夫。ああいうところはいいものだけでなくて、悪いものもいっぱいおるからな。落ち着いたらもっと自分の好きな石をつけてもいいわ。」

ほー。
まじでピリピリして身体の左半分が暖かくなってきました。そうなってから見直すと、急にその石が愛おしい感じに。

「ついでに名前もみたろか?」

「見てみてー。」

と思って観てもらうと、
「めっちゃ頑固やな。仕事運よくないやん。家庭運もよくないやん!」

「はい正解!」

「男やな。男の名前やからやわ。離婚してる?」

「はい正解!」

「ただ晩年はめっちゃいいわ。幸せやで。」

やっほーい。で?何に気をつければいい?

「今いくつ?あたしのいう晩年は45歳ぐらい。もう晩年だから大丈夫!

太鼓判(≧∀≦)

「よくないといったことも、波瀾万丈ということで、大きな怪我とか病気とかじゃないから大丈夫やで。めっちゃいいやん!!」

「まー次は女性らしくなるようなもん、つけたらいいわー。またおいでー。」

と明るく見送ってくれましたとさ。

面白過ぎて結局何の石か訊くのをすっかりわすれましたが、あとで調べてみると、なんかいくつか層になってたり、濃ゆい苔みたいな緑が混じってたりするので、ガーデンとかファントムとか言われる水晶のようです。
これには癒しや邪気よけのパワーもあるようですが、
「魂の成長」という意味も出てきました。

あらー、こないだ聴いた、守護霊さんの言葉と同じだわー。

その後の石のパワーは絶大で、腰から背中あたりに蛇でもはって一緒に何かが出て行くような、なんか感じたことのないパワーを感じですっかり元気。
うわー効くわー。
霊的なものではないとしても鉱物ですからね。ピップエレキバンみたいなものでしょうか。

なんかその後、
肌つるっつるに。(あくまで自分比)

デトックス感半端ないです。
しかももうこれからはめっちゃ幸せ。

いいこと言ってもらったなっと。それだけでも確かに幸せ♪



急速な変化

自宅を中心に東西南北にある神社をまわると、結界が作れるっていう話は何かで読んだ記憶がありますが、一番近くの神社と、二駅ほどいった神社が気に入っていて時々行く程度のあたし。
先日会った友人も同じことを言っていたので、これは行かねばならんよね。
今日は早起きして、行ったことのない方向にいってみよう!

前日にいくつかジョギングがてら行けそうなところをピックアップ。
いつも行ってる一番近い神社の他、2カ所はすぐに行けそうです。

最初は走って15分ぐらいでいけそうなところへ。
小さな神社ですが、住宅地の中にあり、神主さんがいらっしゃるようで、手水舎には白いタオルがかけてある優しさ。

早い時間でしたが、参拝者もあとからあとからやってきます。
今日は祭事があるようで飾り付けもされていて、地元に愛されてる感満載の神社です。

天気は曇っていたのですけど、お参りするときには太陽が。

次はまた道を戻り、ちょうど自宅中心で考えると反対側へ。
そこには龍神様が祭られていたので特に強く心が惹かれて行ってみました。
常に管理者はいないようで、水もないし、井戸にふた。
ご近所で管理されているのかなー? お供えなどはされていたのですが、ちょっと寂しい感じも。
そのせいか喜んでくれたように感じましたが、どうでしょう?

その後いつもの神社に行ってお参りすると、垂(あの白い飾りです)が1つだけパタパタ激しくゆれていたので、お参りは正解だよと言ってもらえたようでよかったです。

その後撮った写真はお日様のまわりに輪っか。

龍の神社がちょっと寂しい感じだったので、お掃除とか草むしりとか、してあげたほうがいいのかなー?いやいや、あたしなんかより前から大事にしている方々がいるだろう。それより前に自分ちの掃除だ!

帰宅してはりきって掃除をし、洗濯物を干しにベランダに出ると、わーー龍雲!?
宮島で見たのと同じ光景が広がります。

あたし、飛行機が好きなぐらいですから、大概空はいつも見ていて、空の写真はたくさん持ってるんですが、似たような光景は記憶にないし、写真を探してみてもみつかりません。

先月ふと思い出したスピリチュアルな出来事から、天使だったり霊視ができる友人のアドバイスだったり、急に身近になった龍だったり。
友人も龍と天使のエネルギーは似ていると言っていましたが、あたしなりに調べようと思って読んだ龍の本には、龍はそのままの姿だと人間が怖がるので、人間や天使に姿を変えて驚かさないように気を使ったりするんですって。人間を助けてあげたくて、そのために自分のレベルを落としてしまったりもするそうですよ。
なんという健気さ。ますます、かわいい、、、。

物理的には何が変わったというわけじゃないんですが、心持ちが急速に変わったというんでしょうか?
単純に興味の持つ範囲が広がったとも言えるんですが、物事を捉える視点が急に大きくなったように思える今日この頃。

些細ないざこざとか、人間が起す事件とか、まるで遠い世界で起きているような感覚というか、囚われているのがばからしくなってきました。
というか囚われている感覚もなかったんですけど、いっぱい囚われているよなやっぱり。

日々、精進っていうんでしょうか。
なんか魂レベルあげないとな。

今日はようやく、守護霊さんにお詫びをしたあたくし、、、。
頑張ります!



乗馬レッスン33回目 今日の子は可愛い

今日も初めてのお馬。
あたし好みのぽっちゃりタイプのでっかい馬です。

か、かわいい。

なんだかわからないけど、今までにないぐらいの可愛さです。

今日は馬装からチャレンジでしたが、うまくできずにやり直しても、腹帯をぎゅっとしめても、頭絡つけるのに手間取っても、蹴られそうな位置に間違えて立っても、全然怒らない超優しい子。

そういうタイプはそもそもおっとりしていて、馬場に出ると全く動かなかったりすることが多いのですが、確かに一回勝手に停まっちゃったんですけどそれ以外は、前回に引き続き雨でどろっどろの馬場にも係らず、頑張って動いてくれました。

降りてから、あたしが鐙をあげたり、曳き馬をしたり、洗い場につないだり、馬の周りをちょろちょろするたびに、
「何してるの?」
風に、ぴとっと鼻先をつけるんですよ。

今までの子みたいに、がんがんボディーブローしてきたり、痒いからあたしで掻くとかじゃなくて、お話している感じです。

あたしも
「こないだ神社にいってねー、龍がいてねー。」
と話しかけるたびに、猫がするみたいにまぶたをぱちりとしてお返事をします。

なんだなんだ?なんか会話が成立している感満載のこの感じはなんだー!かわいいー!

終始可愛過ぎて感動しました。

しかもあとで人参あげに馬房にいき、写真をとってあとでみたらですね、一枚には蝶々のようなかたちの紫の光、もう一枚には白い玉のような光が写ってる!!

え?

もしや平家のお馬のご子孫ですか?

友人に、平家の魂はアゲハで現れるって聴いていて、宮島ではたくさんアゲハ蝶を見たんですよね。
そして神馬がいるぞ!って思ったら、それは置物で本物じゃなく、ちょっと残念に思ったのでした。

で、今日は乗馬クラブに向かうバスの中から、外を飛んでるアゲハ蝶を見て(いつもはよくそこで羽が舞っているのを見るんですが)今日は天使じゃなくて、平家の魂かーとかぼんやり思ってたんですよね。

ま、気のせいかもしれませんが、そんなこんなで最近は新しい馬に出会うたびにどいつもこいつも可愛過ぎて困っています。

馬ってかわいいです。
最近は上手になりたいというより、上手に馬とコミュニケーションがとりたいという感じになってきました。乗りたいというより、もっと散歩したり遊んだりしたいという感じですね。

これって馬術や競技をしたいとかじゃなくて、

飼育欲求ですよね?

馬を買うといいだしたら、誰か止めてくださいw





これはふつーに撮れた写真。やっぱりかわいい。

新幹線で守護霊と語る

友人達と別れた後の帰りの新幹線の中で、あたしと守護霊の言い合いは続きます。
あくまで心のイメージの中でですが。

そもそもお前だったのか!?
というのが第一印象。男性だとは薄々思っていたんですよね。時々朝、一言励ますような声が聴こえるときがあるので。ただあたしがはっきり姿を見た(これもイメージ)ことがあるのが、男性は母方の祖父だけだったのでちょっと意外だったのもありました。

だいたい子孫を残したいとか守りたいというエゴで、勝手に生み出しておいてお前の魂のためだとか都合のいいこと言うなよ。自分ができなかったことを押し付けんなよ。こっちがどんだけ苦しんできたと思ってんだよ。そういうのが大っ嫌いなんだよ!

もうぶりぶり文句が止まりません。最近の怒りとかイライラした気持ちは多分誰かの気持ちに影響されていただけなので、久々に感じる、これは本当の自分の怒りです。

もう守護霊になんちゅーことを!?とお思いのかたもいらっしゃると思いますが、守護霊だって人間ですから、間違うことだってある(と思う)ので納得するまではいはいとは言えません。

でもねー、あーら不思議。これだけ文句言ってるのに、だんだん心が温かくなってくるではありませんか?どういうことだ?

そこでやっと訊いてみる気に。
「あたしの役割が妹を守ることだったら、妹の役割は何?」

すると返ってきた答えは、
「お前の魂の成長のため。」

 Σ(゚Д゚;)ゴーーーン
鐘が鳴るように、何かが心に響き、涙がこぼれました。
そういうことか。そうかそうか。そうだったのか。守られているのは本当はあたしの方だ。

そのときまだ、完全に納得したわけではなかったけど、しばらくは友人に言われたことをやってみよう。

友人曰は
「やることは本当に5分でできる簡単なこと。だけどほとんどの人がいくら教えてもやらない。やらなければ変わらない。」
悲しそうに言っていたのでした。

やるよ。やる。今回友人が費やしてくれた労力や砕いてくれた心を裏切るわけにはいきません。
発想は間違ってるかもしれないけど、最初はなんでもいいや。とにかくやろう。

つづく。

厳島神社と龍と守護霊と その3

さて、今回の広島訪問の真の目的は、守護霊とのお話。
呼ばれたのはわかっていたんですよ。言われることもきっと、言われたくないことであろうことも。

友人も、
「呼ばなきゃ。」
と思ったそうです。

1つはやはり憑依体質であり、そのせいでしんどいだろうということと、
もう1つは守護霊が伝えたいことがあるようだったからです。

「今、家族と縁を切っているだろうけど、逃げてはだめ。じーるの役割は妹さんを守ること。そこから逃げたらじーる自身の魂の成長がない。」

そうくるだろうと思っていたとおりのお知らせ。
ずしんときましたよ。やっぱりそう来るかってね。

で、あたしの反応。
「んな、あったりまえのこと言ってんじゃねーよ!!」
もちろん、これは守護霊への文句で心の声です。

ただ友人には心の声が聞えるので、間を取り持つように一生懸命続けます。
(でもって友人は伝えたら忘れちゃうそうなので、ここに記録)

守護霊:「とにかく受け入れて愛を送れば相手も変わる。必ず人生すべてがもっとよくなる。
今それができないのは自分に愛が足りないからで、嫌だと思っている家族も同じように愛が足りないからそうなっている。だからまずは自分をもっと愛して、家族にも愛を送りなさい。その方法は教えるから。」

あたし:「愛してないんだけど。ただ送ればいいの?」

友人(もう一人の友達のつっこみ):「こらこらー!」

守護霊:「とにかくまずは自分をもっと愛してあげて。」

あたし:「あたしはこんなに自分のことが好きなのに、まだ足りないの?」

守護霊:「足りない。足りていれば人にも送れる。好き嫌いは関係ない。」

あたし:「ふーん(しぶしぶ)じゃーどうやるの?」

守護霊: (アーシング(グラウンディング)の方法と光の玉を作って自分や家族に渡すイメージトレーニングの方法を教えてくれる)これ以外の、いつもやっているやり方でもいいので(似たようなことを実は自分にはやっていたことはお見通しの様子)毎日やってみて。あと光を入れるにはこれとこのお経を唱えて。なんとなく嫌な気持ちがするときとかも唱えたらよいから。夜は邪気が強いから、できるだけ朝に。
とにかく受け入れて、覚悟を決めて。まあいっかと思えるようになるから。こちらから無理に飛び込む必要はないけど、相手から連絡があったらそれには出てあげて。

一応やり方はふんふんきいていたあたしですが、心はどんより。
受け入れてなくはないし、まあいっかとも思ってるよ。本当はわかっている。

一旦話しは終了し、帰りの駅まで歩くあたし達。
ホームでもう一回訊く。
「あたしの守護霊ってどんな人?」

「・・・父方のご先祖で、男性。」

「なんだと!父方だと!!!?? てめーふざけんな!自分の子孫になんでも押し付けるんじゃねーぞ。誰のおかげでこんなことになってると思ってんだ!まずはあたしの父親についてどーにかしやがれ!!」

あたしの怒りMAX。

つづく、、、。


厳島神社と龍と守護霊と その2

厳島神社には龍神がいっぱい。
あたしは日本の歴史にも神様の種類にもあんまり知識がないんですが、あたしの周囲には龍神と縁のある方が多く、あたしもなんだか可愛いなーと思うようになってきました。

弁財天さんはそのリーダーみたいなもんだそうで、とっても強い女性の神様だそうですよ。

大願寺の龍を祭ってある裏側はとてもパワーが強いそうで、あたしでも手をかざすとピリピリー。

空にはいっぱい龍神の雲。





広島に到着した日は、友人と歩いていると晴れているのに、雷の音お稲光だけが見えましたが、これも龍のお知らせっぽいですよね。
もともとは雨の予報だったんですが、滞在中は雨にあうことはありませんでした。

弥山に昇ったときは、倒木が龍みたいな形で横たわっているし、いろんなところに感じる龍パワー。

そして数日前、長年気に入ってつけていた指輪のキラキラが欠けてしまい、欠けたものを身につけるのはなんだかよくないので残念に思っていました。
指輪がないとなんだか落ち着かないので新しいのを買おうと、出かけるたびに探してもいまいち気に入ったものが見つかりません。
ところが!大願寺にあったお守りの中に指輪がー。白っぽい銀製で龍の絵が書いてあって一目惚れ。

ということで今はあたしの右手にキラキラー♪
あーなんだか、これだけでもきたかいがありましたよー。








もはやすっかりお気に入り

厳島神社と龍と守護霊と

さて今回は、以前にも書いた、霊視ができる友人のお招きで、広島へ一泊でGo!
なーんと30年ぶりの再会ですが、昔一緒にバンドをやっていたお仲間の一人です。
今までも会おうと思えば会えるきっかけはたくさんあったはずなんですが、めぐりめぐってぴったり今の時期というか、会うべくして再会した感じです。

会っていろいろとこれまでの人生?についてざっくり報告しあったところ、やっていた仕事は同業他社だったり、一度離婚していたりと、似たような経験が多くてびっくりw
だた苦労の多さはあたしの比ではなく、それを乗り越えたパワーにもほんとに感心することばかり。
若い頃は純粋すぎてもっと繊細な感じがありましたけど、いやー強いです。強くて丁寧に生きていて、とても綺麗なおかん(いやーもう昔から綺麗な子だった)です。

夜はもう一人同級生が合流して、みんなで酒盛り。(注:あたしはノンアルコールで気分だけ)

翌日は彼女の案内で宮島へ。彼女は神道や仏教のお勉強をしていてお寺ともおつきあいがあり、弁財天の護摩焚きを申し込んでいてくれてあたし達も参加することができました。

でもってお経が始まると、一瞬煙の中に亡くなった愛猫が見えた気がした後、大号泣。いや、悲しいとか感動したとかいう感情とは違うんですけど、延々、涙が出てくるんです。なんか安心してほっとして泣くに近いかなー?あれこれ?前にもあったよなー。あーそうだ、沖縄でエイサーの太鼓を聴いたときだ。あのときもなんか涙が止まらなかったんだった。

あとで友人に訊くと、お経とか鐘の音や太鼓の音は邪気払い。涙が出るのは浄化だから、我慢せず出したほうがいんだそうです。これは人によっては咳だったり、お腹を壊したりするんですって。

しかもあたしは明らかに
霊媒体質だそうで!
あの自分ではない感情の感覚とか、なんか生き霊ついてる感じとか思っていた感覚は気のせいではないそうです。こないだ彼と話していてイライラしたのも、どうやら彼も似たような性質ではないか?ということでしたw
「ていうか、今も憑いてるよ。」
って、えええーー??

彼女曰くは、なかなか天へ昇れない魂はたくさんいて、ご飯を食べられない代わりに、エネルギーが必要で、それをもらうためにちょっと憑くっていうことは普通のことなんですって。
だからあまり気にしなくていいんだけど、気にしたり同情し過ぎたりするとずっと居着いてしまうので、自覚がない人は怖がると余計いけないので伝えないそうなんですが、あたしは自覚がありすぎるので、
「いやもう、はっきり認めて憑かれないようにしなきゃだめ!」
という警告レベルでした。お酒と一緒じゃん!
ということはお酒はやめたほうがよかった。お酒を飲むと霊的にもやはりガードが緩くなるからで、酒乱はその可能性があるってことでした。
(ちなみに天使の話しも、いい加減信じろ、疑り深いから何度もサインが出てくるだそうですw)

自分なりにお塩をまいたり、セージの葉っぱを燃やしたり、お香を焚いたりするときがあったんですが、それはどれもいいそうで、人間は自然にそういうことやってるんですね。窓を開けてやるのがポイントだそうです。

ただ瞑想のように頭を空っぽにする作業は夜はやらないほうがいいんですって。夜は邪気が多いので、これも入ってくる隙を与えてしまうんですって。
代わりに浄化する作業とか、光やよいことをイメージするものはよいらしいです。

その他、
・外から帰ったら塩水で手と足の裏を洗ってうがいもする。
・お風呂には塩を入れる。
・床は塩水でしぼった雑巾でふく。(それでも嫌な感じがするときは酢水で)
・玄関マットを敷いているときは、最低一週間に一回は洗う。
 (やっぱ足の裏には邪気がついてくるんだって)
・人に会う時や、霊気を感じるような場所では塗香(お寺においてるいい匂いの厄よけのお粉)を手の
 平と首の後ろに塗る。
・髪の毛はまめにカットする(髪は伸ばしっぱなしだと邪気がつく)。

もし、あたしと同じように、なんか憑いてる感じがする方はお試しあれー。

と、これだけで結構な長文になってしまったところで時間ぎれーーーw

続きはまた後日♪








久々の新幹線

明日までお休みが取れたので、広島に向かっております。久々の旅行です。
最近は出張も飛行機を使ってるので、新幹線予約はかなり久々。
田舎の汽車よりよほど多い本数で走っている新幹線。いつも適当な時間に駅へ向い、途中のすいてるみどりの窓口で切符を買ってとかやってたんですが、最近はいろいろ便利になっているらしい。

しかも今回は広島在住のお友達が駅まで迎えに来てくれるので、事前に時間を連絡しておかないとね。

ということで使ってみました、スマートEX

事前に会員登録と、普段使っている交通系のICカードを登録して予約すれば、いつも駅で使ってるように、改札にぴっとタッチすれば乗れます。

しかも予約変更はネット上で何回でも可能。以前は一回だけとか制限があったんですよねー。

超便利じゃないか!

旅はどんどん便利になるなー。思いたったらすぐ行けるなー。

ただホームに出ると暑さ寒さにさらされ、座って待つ場所もほとんどない新幹線。
やっぱ飛行機のほうが好きは好き。

いってきまーす♪

乗馬32回目 どっろどろ

今日から1つ上のレッスン♪
先生も初めての先生だし、祭日のせいか、メンバーも大半見慣れない人ばかり。
もちろん馬も初めての馬。

筋肉質で元気がよく、足も速い。曳き馬で久々に追いこされそうな勢い。

馬場のサークルも今までの倍ぐらい広いなー。広々ー。
鞍もちょっと形が違います。今までは膝の前にカーブの支えみたいのがあったんですが、それが気持ち程度に。もともとなんか邪魔だなと思っていたのでそれほど気にならず。

「腹帯しめてー。鐙の長さもあわせてー。」
って、おい!騎乗したままどうやるか知らねーぞー。あたしはこのクラス初めてだぞー!
と、思っていたらおじさんスタッフが腹帯(馬に鞍を固定している帯)の締め方を教えてくれました。おーこれはわりと楽チンかも。騎乗だと頭突きもされないしw

鐙はたまたまあってたんですが、騎乗であわせるのはどうするんでしょうね?以前図書館の本で見たことはあるんですが、動画を探しても、鐙のあわせ方って、ないんですよねー。
腹帯はひっぱり上げる感じになるから楽だと思いますが、鐙は逆に下に引き下げないといけないのでやりにくそうだな。今度きいてみなくっちゃ。図書館でも探してみよう。

さて歩き出してみると、やはり元気な子でずんずん進みます。前の子がのんびりやさんなのですぐに追いついてしまうので馬間距離に気を使った以外は、合図にも敏感でとても乗りやすい子でした。

鐙の踏み方や姿勢、手綱の持ち方など、再度基本的なことを教えてもらえてよかったです。

これまでのクラスはライセンステストを目指した速歩の練習がメインでで、その練習ばかりでちょっと飽きてきたのと、これは先生にもよるんですが、あまり細かいことを言わない人だったので、もう少し姿勢とか見てほしいなーと思っていたところでした。

あたしは馬に引っ張られて、手が前に出てしまい、結果的に手綱が緩むのと、あぶみを踏む時もっと踵を下げるようにすると、足の位置が安定することを教えてもらいました。ようはあたしはだんだん前のめりになって足が後ろにいってしまうのが癖みたいなので、気をつけなくっちゃ。
手綱も握り方のコツも教えてもらいました。なるほどー、これで微妙な操作ができるので、ぐいぐいひっぱらなくてもいんですなー。
上手な人ほど動作が小さいのはこういうことか。

これからは馬を動かす技術をいろいろ教えてもらえそうで楽しみ楽しみ。

降りるときも
「停められた人から降りてくださいねー。」
と勝手に降りろ状態。今までは馬が勝手に動き出さないように押さえておいてくれたんですが、それも自分でやるのね、これからは。そういうの、最初にちょこっと説明があればいんだけど、人によるのよね。こういうので怖くなって辞める人、いるんじゃないかしら?と思うのは余計なお世話?

さて、馬場は昨晩の雨でどろっどろの田んぼ状態。元気な今日の馬は泥と虫を嫌がって顔をぶんぶん、足をけりけり。あたしも何度もボディーブローをくらい、力が強くてひっぱってもなかなか動かなかったり、逆に早く歩き過ぎたり。最後は後ろの人に思いっきり泥を蹴り上げて悲鳴が上がっていました。ごめんなさい、後ろの人w

さて終わってからはいつもの仲良し会員さんたちと合流し、お昼を食べておしゃべりー。
彼女達はあたしより全然上手で、あたしより後に入ったのに、あたしより先に上のクラスにいっちゃってるので、いろいろこれまでの経験を教えてくれます。

「あたし最初は怖かったよー。クラスが上がると突然、自分で動かして当たり前みたいになるしさー。今日じーるさん、見てたけど、平然と乗ってたねー。」

いやほんと、テスト用の練習に飽き飽きしてたんで楽しかったんですね、きっとw

そして今日は祭日イベントでカドリール(団体でやるシンクロみたいな馬術です)の発表会があり、みんなでおしゃべりしながら見てました。
えーあの馬、あんなに言うこときくんだー、あたしらが知ってるあの子達と違うーーーw
いうても初心者のあたし達。乱暴なあの子も、全然動かないあの子も、今日はおそろいの馬装で着飾って、キリッと演技をこなしていきます。かっこよすぎです。

きちんと指示を出せば、あんなにかっこよく動くんですねー。
いつも度素人に付き合ってくれてありがとうの気持ちが沸いてきましたよ。

「いつかみんなであれやろー!」
みんなの共通目標もできました。

見終わった後、休憩中の馬達に人参プレゼントして帰宅。

帰宅してからはドロドロの靴や拍車をお手入れお手入れ。
最近革靴とかあんまり持ってなかったので、乗馬を始めてから久々に本格的な靴磨き体制w。だいたいのお手入れ用具はもっていましたが、革用のソープや古いオイルを落とすための水性のリムーバーがあることは、乗馬を始めるまで知りませんでした。

革は濡らしちゃいけないものとずっと思ってたんですが、濡らすのがだめなんじゃなくて、人間の皮膚と一緒で、濡らしっぱなしで保湿しないと傷むんだそうです。なるほど!

これで革靴ドロドロも怖くないぞー。
最初は面倒だと思っていたお手入れも、楽しくなってきた今日この頃。

また来週も頑張るぞ!





革のお手入れグッズたち
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ