FC2ブログ

人の手

連日の残業と、一時足を痛めたせいで
ジョギングをさぼっていたら、
首から腰にかけてガチガチ。

特に腰はひどくて椅子に座るのも苦痛。
やばい。これはやばい。

外科には定期的にリハビリに行ってるけど、
以前より混み合っていて予約がとれないんですよね。
それでは足りん。

というわけで全身マッサージへ。
前はよく行ってたんですが、運動や生活習慣も見直さないとなーと、
最近は遠ざかっていたんですが。

あー極楽極楽。
ご無沙汰していたので近況を話しつつ、人にマッサージしてもらうのって
なんか気持ちも癒されますね。

ちょこちょこ怪我をしてきたあたしは自力だけでは無理だな。
しばらく定期的にマッサージに通ってみよう。

あわせてお家でできることもしてみよう。
というわけで、運動用のチューブとか、
座っても痛くないようドーナツクッションとか、
あずきのホットパックとかw

ジョギングもゆっくり続けるとして。

運動前後のメンテナンスもしっかりしなきゃなーと思う今日この頃。

こういう体の痛みも、前は結構お酒で麻痺してたのかな?って思うんですよね。
こんなに感じることなかったし。

今からこんなにあちこち痛いんじゃ、長生きしたら大変だ!

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

断酒378日目 去年の秋

もう9月も終わりですねー。
さすがに秋らしい気温になってきました。

去年の今頃はまだ病院に通い始めたばかりで、
日々いろんなことを考えていたかな。

こんなに落ち着いて過ごしたことないかもなー?
と思っていたような。

今の生活にも慣れてきて斬新な発見は減ってきているけれど、
いろんなことを落ち着いて考えたり、意識して気持ちを切り替えたり
体を休めたりできるようになったかな。

去年までの生活で今の忙しさだったら、、、。
たぶん体を壊すか、精神的に参ってるかどっちかだと思います。

今もいろんなことがあるし、仕事も結構大変だと思うけど、
けど心のどこかでなんとかなるという安心感が大きいかな。

そうだ。
不安感より安心感が常に勝っているな。

生活環境の安定をずっと求めていると思っていたけど、
求めていたのは精神的な安定だったな。

どんな環境でも落ち着いていられる。安心していられる。
そんな感覚を自分で生み出せることだったんだろうな。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

信じるものは

最近仕事の出口が見えなくて、予定していたお休みももうムリかなー?
なんて思っていたんですが、メンバーに報告したところ、
全員がお手伝いしてくれることになって、
しかも大変さをよく理解してくれて、
「あれ?もっと早く言えばよかった?」

なんとなく環境のせいにしててどうしようもないかな?と投げやりになりかけてたけど、
いやちょっと待てよと、落ち着いて予定を見直したところできそうな気がしてきました。
協力も得られた。別の理由で期限も延びたので本当になんとかなりそうです。

何度か書いたけど、周りの人をもっと信頼してみるもんだと、最近のあたしは実感しています。
どうにもなりそうにないことも、根拠はなくても、信じると道が開けるような感じがしています。

前はもっと白か黒、100かゼロ。
もう限界だーと思ったらお酒を飲んで麻痺。
うまく周囲に、助けを求めることができず、一番わかって欲しい人に素直になれず、
却ってつらく当たったこともありました。

今日もちょっとイライラしたとき、自分が嫌になってこの麻痺させたい感覚に。
ここで飲んで、また元に戻りたい?何もかももうどうでもいいような気持ちになって、
大事な人を傷つけて、それによって更に自分を傷つけたい?

そんなの嫌だ。

そう思って引き返した感覚になって、今度はなんかイライラしていたのがばかばかしくなってきました。

するとまた、嬉しいお知らせがあったり。

不思議だなー。

依存症の人は人を信じずに物を信じるらしいってことは、何度か書きました。

周りの人も環境も自分のことも、もっと信じてみるほうがいい。
損するんじゃ?とか騙されてるんじゃ?というような警戒する気持ちも必要ない。
信じることでネガティヴなものは勝手に遠ざかっていくような気がするな。

お酒をやめて、そういうところ、冷静に考えて引き返せるようになったかな。
少し失敗してもやり直してみようと思えるようになったな。

よしよし。
今日もいい日だったな。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

生と死の共存

大阪の住宅街のど真ん中に納骨堂が建設されるということで、
住民が大反対というニュース。

人はみんな死ぬんだしと思う反面、確かに複雑な気持ちはわかる。

うちの近くも総合病院があるせいか、ここ何年かで葬儀屋が乱立w

いつも全然静かで迷惑ということもないけど、
喪服を見て華やかな気持ちにはならないし、霊感強い人はやっぱ
困るかな?とか思ったり。

ただ自分の大事な人がなくなったとして、すぐお隣に納骨されていたら
むしろ便利で嬉しいかもしれない。

これが同じ仏様だったとしても、お寺だったら誰も反対しないんじゃない?
とか思うと不思議ですね。

生と死の棲み分け。

あんまり歴史とかには詳しくないけど、
やっぱり分けてきたんですよね、たぶん。
家の庭には埋めたりしないような気がするし。

あたしもどこでも自由だと言われたら、
なるべく遠くへ、でも時々お参りできるところへ
埋葬したい感じがします。

衛生的な面を除くと、
生と死を遠ざけた意味あいはなんだろうか??

昔はそうであっても、もう近づいてもいい気がするこの頃。
なんか長生きになったし、日本は狭いし、火葬場も混雑して待たなきゃいけないっていうし。

納骨自体も大変だろうな。もう散骨とかでいんじゃないかな。

あたしは実家が遠いし、管理してくれる人なんていないから、
納骨ビルなんて素晴らしいとか思うけど。

住宅地のど真ん中はさすがに複雑なのかな?
うまくアピールして神聖な場所にすることもできそうだが、、、。

人間って大変だよな。
死んでからの居場所まで心配しなくちゃいけないなんて。


片付かない

お家ではなくてお仕事。

もともとチーム編成変だよな、この仕事やるなら、この人いないとムリじゃない?
みたいな感じだったんですけどね。

案の定回らなくなったので、一部の仕事は上司にお願いし、
少し落ち着いたので久々に戻ってみたら。

「え?今更?」

みたいな話しをしていてびっくり。というか呆れるかな。
もうわかってるだろそんなこと。
引き受けるときにわかるだろ。自分がマネジメントしきれないならとってくんじゃねーよとか思うんですが、なんかもう怒る気力もない。

なぜなら秋だから。

昨日も書きましたが元気ない時期が幸いし、あまりキレずに済んでいます。
元気がないのもいいところがあるじゃないか!

パワー余ってると威圧的になったり、弱い人に優しくできなかったりするときもあるかも。
弱ってるときは人の痛みに敏感にもなるけど、自分を守るため攻撃的にもなるかもしれないか。

うちの部署の上司達ってみんな、どんどん楽天的に引き受けてくるし、
みんな疲弊しちゃってて心はさめざめな感じなんです。
でも上司ってそんなもんだよな、会社ってそんなもんだよな、とも思います。

1つ大きな仕事が片付きそうなので、少しお休みをとりたかったんだけど、
またきつきつの仕事が待ってました。

お酒に走ることはないけど、おやつが増えています。
せっかく少し瘦せたから、気をつけないといけませんw

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

闇にひきこまれないように

夏は元気なあたしですが、
秋から冬にかけては苦手な季節。

最近の猛暑を思うと、体感的には過ごしやすいいい季節なんですが、
気持ち的には落ち込みがちなんですよね。

特に休日の夕方、これがやばい。
なるべく余計なことを考えないように予定を入れればいんですけど
なんかそれも毎度じゃ疲れるしね。

昨日は一日ウロウロしていたので今日はぼんやりしていたら、
何かだんだん憂鬱になってきて、普段気になっているちょっとしたことが
大きなことに思えてきて嫌な気持ちになります。

ああ。この気分。いやだー、ひきこまれるのいやだー。
でもムリに明るく考えるのはムリだー。助けてー。

もうこれはお友達に頼ろう。
夕方はなんだか憂鬱でイライラするよと連絡。
いろいろと聴いてもらっているうちにスッキリしてきて最後は楽しい話に。

あー、復活したよ。いつもありがとう。

依存症になる人ってこういうとき人に頼れず、物に頼るんだそうです。
あたしも典型的で、お酒飲んでなんも考えないようにしていたかな。
それで感情を出すと多少はスッキリしたかもしれません。

素面だとなかなか感情が出し難いのはあります。
泣きたいぐらいしんどくても、なんか泣けなかったり。
なんかどんより苦しいんですよね。

いつもグズグズ言ってばかりじゃ、友人達も辟易だろうしとギリギリまで封じ込めていた気がしますが、
最近は前より小出しにできるようになったかな。
代わりに友人達がしんどそうなときはなるべく否定せず、そのまま聴いてあげるようにしてあげたいなと思います。なかなかうまくはできてるかはわからないけど。

聴いてもらうってほんとスッキリしますね。
あー、こんなことで悩んでいてあほらしいなあたしとか思います。
自分で考えるのも大事だけど、あまり同じところでぐるぐるしているようだったら、
信頼できる人に話したほうがいいかも。

なんか話しているうちに整理できたり、相手の感想も聴くと全然違ったりしても
それはそれでそういう見方もあるなと思えたり、はっと気付く瞬間があります。
自分が助けになった対応は、今度誰かが困ったら応用してみようとも思えるし。

人と係るといろいろ面倒くさいこともあるけど、
大きな気付きも人のおかげだったりしますね。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

性格テストと才能

職場のトレーニングでエニアグラムが話題になっており、
確か何度かやったことあったけど、あたしはどうだったっけ?

ネットでやってみると。
タイプ4と出た。
そうだった。

個性重視の芸術家タイプ。

こういうテストをすると、必ずそう出るんだった。

とんでもない才能と環境が整ってれば別かもしれませんが、
だいたいが自分の世界にひきこもりがちで繊細。
ろくでもないイメージで社会性を感じない、、、。

こんな特徴を会社なんていう大組織でどう活かせばいいのさ?とか思っちゃいます。

こういう性格テストって誰でも、アバウトすぎてそう思っちゃうかな。
適職もステレオタイプだし、
仕事でその特徴を最大限発揮できるような環境にいる人はごく僅かだろうし。

ただ特徴を知ってバランスをとることはできるかもしれません。
確かに音楽や絵や美しいものが好き。自分では生み出す才能はないけど、
選択はできるし、触れることもできるわけだから。
そういう好きなことに触れたり、自分が楽だとか幸せだと思う時間を増やすことはできるよな。

仕事でいうと、個性を尊重するということはできるかもしれない。
ただプロジェクトとか協力してやることは嫌いだけど、
そこは1つ使ってもらえる技術を高めるしかないだろうなー。
ただ大きく漠然と係るとろくなことがないので、やる気だけでうっかり引き受けないことだなw

そうやって考えるとやはり、自分の特徴を受け入れることかなり大事なことだと思います。
アルコール依存に陥った一因は、ありのままの自分が受け入れ難く、環境に過剰適応していたが故のことのような気がします。周りに受け入れられないんじゃなくて、自分が受け入れられないと感じることがまずい。苦手なことは頑張りたくないしほとんどはその必要はないと思うけど、でもどうしても必要なことであれば、自分なりの解決方法を探していくしかない。そのためにも自分を知り、受け入れることは大事ですね。

前はアホらしいと思っていた性格テスト。
活用できるかできないかは自分次第ってことか。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

足は大事

先日足を傷めてからバランスを崩したのか、バランスを崩していたから傷めたのか?
過去に怪我をした仙骨あたりが猛烈に痛い。痛すぎる。じっと座っているのが辛いぐらい。

連動して首も肩も背中もどこもかしこも痛くてつらい。
頭痛までしてくるし。

文句を言っても仕方ないので、毎日足をマッサージしたり足首を回したり、
ストレッチしたり。本を見て歩き方にも気をつけて一週間ちょっと。
足首を柔らかくってこういうことかー。可動域が広がってびっくり。

足がむくみにくくなったのか、持ってる靴が全部でかい!
今までは夕方には足がパンパンになるのでサンダルに履き替えたりしてましたが、
夕方になっても踵がパカパカします。

よし、今日はぴったり合う靴を探しにいくぞ。
他に用事もあったので、一日中ウロウロ。

靴はやはりワンサイズどころかツーサイズダウンを勧められるほど。
一体どんだけむくんどったんや?と思います。正直マッサージぐらいで、
しかも短期間で、こんなに違うとは思わなかったな。

本にも書いてあったけど、ほとんどの人が実際の足より大きいサイズを選びがちなんだそうです。
確かにねー。
一回でも痛い思いをすると、少しでも窮屈かな?と思うと大きいのを選んでしまいます。
自分の足の方を改善する発想がなかった。
あたしの足に合う靴がないだけだと思ってましたから。

さすがにツーサイズダウンはムリな気がしたので、
ワンサイズダウンを選び、つま先に中敷きを入れて調整してもらってお買い上げ。
お家に帰って、ご近所で試し履き。

で気付いたらなんだか、体が軽い。
肩こりも仙骨あたりの痛みもだいぶ楽に。

足首が柔らかくなると、他のバランスも整ってくると書いてあったけど、
効果が出来てたかな?

やっぱ足って土台なんですね。
これからはますます大事にしなくては。







出る杭

今年配属された若い後輩になかなか仕事の出来る子がいて、
これがなんか初めて感じるぐらいのパワーっていうんだろうか?

すごい伸びしろを感じる。
今日仕事の報告を受けて、いつの間にこんなにやっとったんや?
すごい!観点が面白い!

最近お勉強ができてそつがない子はとても多いけど、
「面白い!」と思う人はなかなかいない。

先の可能性を感じたら、なんか会議中に涙が出そうだった。
不思議すぎるけどw。

上司も同じようなことを言っていて、彼女を面接したとき、
「なんか大きいと感じだんたよね。」

経歴上は素晴らしい人が他にもいたんだけど、
何故か彼女に惹かれたらしい。

こういう人っているんだな。

態度でかいとかいう人もいるんだけど。いやそんなことはなくてオーラが
でかい感じなんだよな。これ意外と見間違えるんだよな。
彼女は誰よりも気を使ってるの、わからないの??

注意したほうがいんじゃないか?と、これまた上司でもないあたしに言ってきた人がいて
そうか、生意気と見える人もいるのか、と考えたけど。

いいや。そのまま行け。
のびのびとやりなさい。
なんかありきたりな注意をして、小さくまとまるのがもったいない気がした。

きっと風当たりも強いでしょう。怒られたりもするでしょう。
出る杭は打たれるからね。
打たれて血まみれになったとしても、あたしが後ろから押してあげましょう。
ずっと味方でいましょう。

だから頑張れ!



頼られること

昨日のイライラを自分なりに分析してみると、
あたしは人に頼られるのが嫌かもしれない。

頼りにされるのが好き!っていう人もいると思う。

あたしは必要とされるのは嬉しいけど、
頼られるのは好きじゃない。

同じようだけど、微妙に違う。
必要とされるっていうのはなーんの役にも立たないこのままの
あたしがいて欲しいって思ってくれる人がいることで、
頼られるとうのは何か相手の求めているものを与えなくてはいけない感じがして疲れる。

人の助けが必要なときはあって、それがお互い自然にできるのはいいことだけど、
たぶんあたしは自然発生的なことにも過剰に反応してしまうんだと思う。

「あたしを頼らないで。放っておいて。」

子どもの頃からずーっと根深くある感情。
そのくせ冷たい人を追いかけてしまう矛盾も時々。

自分の中でそのからくりは自覚できてきたので、
あとは気をつければいいだろう。

感情的になったときはその感情に問いかけて、
自分を大切にしよう。

あたしの人生は依存との戦いだなこりゃ。
戦わなくてもいんだけど。
まだ仲良くするには修行が必要。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒


ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ