FC2ブログ

人を信じる

しばらくは断酒と禁煙に熱中していたといえるあたしですが、
最近はあんまり意識しなくても大丈夫になった。

そうすると戻ってくる日常。
普段気にならなくなっていたことがまた戻ってきた感じ。

それはもちろんいいことばかりでもなく、
嫌なことや面倒くさいこともある。

それに悩むこともあるけれど、、、
以前よりは感情的にならなくなったかな。

冷静に観察して考えている。
待つことができるようになっている。

一人会社でやっかいな人がいて、もう本当にやっかいでみんなとっても困っている。
あたしも困っている。

とはいえ一緒に働かなくてはいけないので、あたしは日々観察に努めてみた。
すると彼はたぶん、周りを信用できなくて不安だから、むやみに周囲とぶつかるんだなって
ことがわかってきた。
周りを信用できないってことは自分のことも信用できないんだろうな。

何かに似てる。
あ。依存症だ。

依存症は、人を信用できないから物に依存するんだっていう本を前に読んだ。

彼はどうやったら周りや自分を信じるようになるのかしら?

それって周りができることって、やっぱり彼を信じてあげることなのかな?

問題行動は、それを起している本人に解決する力があるんだってことを信じて接するしかないんだろうな。
難しいことなんですけど。


せめてかっこいいとか、もう少しかわいげがあればなー、、、。

なーんつってw

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

禁煙は92日目

禁煙が、いつのまにか90日過ぎてました!

これまで3ヶ月以上ちゃんとやめられたことがなかったので、
これからは未知との遭遇。

また新しい世界に踏み出す気持ちで。

今までは、お酒の席で、つい一本ちょうだいってことが多かったからな。
これからはその心配はないのが嬉しい♪

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

彼目線

前回のつづき。

偶然病院で見つけた本で、彼に発達障害の傾向があるんじゃ?と思い、
アルコール依存のことを勉強する傍ら、あたしは彼の調査にも乗り出していたわけですw

その中で特にこの本とか

こんなブログなどの、

アスペルガーの男性目線で書かれた内容がとてもわかりやすかったです。

ただ一口にアスペルガーと言ってもその度合いも個性も様々。
ちゃんと診断を受けているわけではないし、
すべてが彼が当てはまるわけではありませんが、

「あのとき彼はこう感じていたのかも?」
「あのとき彼にはこう見えていたのかも?」

自分と彼との違いを、以前より客観的に想像できるようになりました。

と同時に断酒との相乗効果で、自分自身と向き合う機会も増えました。

これまでのあたしは自分のことを理解してもらいたい気持ちが強くて依存的で、
相手に要求ばかりしていたこと。他者をコントロールしたい気持ちがあること。
一度離婚も経験していて、恋愛やコミュニケーションについては何度も反省して学んできたはずだったのに、まだ理解できていないことがたくさんあったこと、等々。

愛されることより、「人を愛するってなんだろうなー?」
なんてことをたくさん考えました。

いい大人になってから、なんだろうな?
もう恋愛なんてこの年で今更? 面倒くさいな。しかも変わった人だし、ふつーの付き合いができなくてつらいな。

なんてことを、ずーっと悩みながら自分の心の中で引っ張り合ってました。
別れるか続けるか、100か0か。時間の無駄難じゃないか?どうせ付き合うならもっといい人がいるんじゃないか?とかね。

でもそんなんじゃなく、今目の前にいる彼を受け入れて、よりよい関係を築いていくことはできるんじゃないかな?っていう方向にだんだん変化していきました。

断酒のおかげとも言えるだろうし、総合的にたまたま自分が変化している過程の1つだったのかもしれません。

彼に出会うまでは、別に恋愛を望んではいなかった。
お酒をやめるまでは、やめたいとは思っていなかった。

でもどっちも、気付いていなかっただけで、
あたしにとっては必然的なことだったのかもしれない。

つづく


将来

今日は会社のミーティングで、たまたま会社の展望みたいな話をたくさん聴くことになった。
最近業績は順調らしく、前向きな話が多い。
転職してきた人や、転職していった人の話を聴いても、いい会社だと思うよという話が返ってくる。

いいことなんだけど、あたしはなんだか実感がなかった。
ずっと同じ会社にいるからわからないってこともあるんだろうけど、、、。

自分も含め、周囲の仕事の進め方を見ていて、「そんなんでいいのか?」と思うのが8割ぐらい。
すごく、仕事できるなーとか頑張ってるなーと思うのはやっぱり2割ぐらい。
そういうものらしいけど、そうやってなんとか会社は目標を達成して伸びていくのだ。

あたしが今参加しているプロジェクトも初めて経験するような内容で訳がわからないけど、
「みんな初めてなんだし、きっとなんとかなっていくんだろう。」
と思った通り、なんとかなっていく不思議。

実感がない。誰かがうまくやってくれているとしか思えない。

だから会社の展望なんて聴いても、あたしには関係ない。
年齢的にももう中心じゃない。
もっと若い人のために新しいものを生み出して置いていってあげたいけど、あたしはまだ先陣が作ってもらったものの中でなんとかやっているだけなんだよな。

あたしは残りの会社人生で、何をしていったらいいのかな?
なーんてことをぼんやり考えていたら、

激しく疲れた!

お酒を飲んでいたときは逆に、仕事には楽観的だったよな。
そして無責任だった。

今もたいした答えが出てないことでは一緒だけど、もう少し地に足がついてきてるような気も。
目の前のことしかやっていないなって思うけど、そうしながら将来のことも考えている。
考えているから、何もできてないことがわかったのかもしれないな。

あたしはお酒の中にいて、現実を見ないようにしていたけれど、
今、現実を知ったところなんだろうな。

だから今すぐ展望が見えなくても、あせらずにあきらめずに行こうと思う。

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

さくっと帰る

最近忙しくてちょっと残業になったりするんですが。

そんな本日、会社の男性に
「ちょっと行きませんか?」

と言われたんですが、

「やだ。寒いから。」

さくっと帰ってきました。

もう私、酔っぱらいのおじさんの相手をするつもりはありません。

なんつってw

今年の目標の1つは「夜遊びは計画的に。」ですからね。

お酒を飲んでいたころは、その場の流れでふらりと行くのはよかったけど、前もって計画されてると何故かいやでした。
心のどこかでは面倒だって思ってたんでしょうね。

さっき久々に男友達からLINE。
酒やめたって言ったら、

「絶対うそ!」

ってまったくもう。
女子は協力的なのに、
なぜに男子は?

ここでは男子にも応援してもらっているというのに、あたしの周囲の男子は、、、。

でもいざやめるとなったら、女性より男性のほうがおつきあい上やめにくいと感じるかもしれませんね。

女子が酒豪でも、あまり歓迎はされませんからね、、、。

頑張れ男子!


https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒



周囲に恵まれた

こないだ久々に会った同僚にお酒をやめたことを告げると、
「きっぱりやめるなんてカッコいい!」

と言われました。

そんな話を病院でしたところ、先生には、
「周囲に恵まれましたね。みんなお酒をやめても当たり前だと言われるんですよ。
 カッコいいと言われた人は初めて聴きました。」

そうなんだー。
そっかー。

飲まない人や適度に飲める人にとっては、お酒をやめたからって何?っていう感じなのかな?

あたしもカッコいいと言われたのは初めてでしたけど、
彼女に限らず、周りの人はみんなとっても誉めてくれます。

特にあたしの周りの女性は、
誰も飲まなくなっちゃいましたw

周りはあいつに飲ませては大変だ!と思っておだててくれてるだけなのかもしれませんが、
例えそうでも、飲まない環境にとってはありがたいことです。

あたしもちょっとは周りに役に立つこともしないとな。

あーそれなのに、今日駅でどの電車に乗ったらいいか聞いて来た外国人に、間違えて思いっきり反対方向の電車を案内してしまいました。
ごめん。悪気はなかったの。


あなたの幸せを祈っているわ。(まじ、ごめん)

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

断酒130日 悪口も体力

お酒は飲まなくなったけど、時々外食する。

先週末は同僚と居酒屋系のお店に食事に行ったんだけど、
やはり酔っぱらいの声はでかい。

自然に耳に入ってくるけど、愚痴とか悪口とかが多いかなーやっぱり。

そういえばあたしも以前は、たまに飲んでちょっと愚痴とか言ってすっきりしているつもりでいた。

でも飲まなくなってからは、そもそも他人の話を説明するのが面倒くさいw
愚痴を言いたい気分のときもあるけど、なんか変なパワーがいる。
それより楽しい話とか、面白い話をして笑いたい。

きっとこれまではお酒のパワーがあってこそ、他人のダメだしとか愚痴とか言えたんだと思う。
そして酔っぱらいの特徴で同じ話を何度もしていたことでしょう。
それですっきりしたつもりだったけど、考えてみれば、飲んでる間の数時間、ずーっと愚痴を刷り込んでいるようなもんだったのかもしれない。

酔っぱらって自分に呪いをかけ、どんどん自信を失ってまた飲む。
お酒が身体も心も弱らせているのに気付かず、お酒のおかげで気分が晴れたと思い込んでいたんでしょうね。あー怖い怖い。

最近は多少嫌なことがあっても、以前ほど嫌な感情をひっぱらなくなったかも。
悩みがないわけではないけど、なんかいつもスッキリ。

これも断酒の効果だな♪

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

カサンドラ症候群

アルコール専門病院にはいろんな病理に関する本が置いてあって、
診察を待つ間よく読んでいました。

そこで目に止まった、「カサンドラ症候群」という特集記事。
読むまで全然知らなかったんですが、発達障害のパートーナーや身近な人が、その特性を理解できなかったり、情緒的な交流を持てないことから陥る精神や身体的な不調の総称だそうです。

読者の体験談がいくつか紹介されていたのですけど、その特徴がなんだか、、、

彼にそっくり。

そのそっくりと思った読者の体験談が、第一印象が変わった人、「終電で帰る」と言ったきり、駅で待っていても帰ってこず、連絡がない。話し合いは話し合いにならず席をはずすか黙り込む。力加減がわからず物を壊してしまうというようなところ。

彼も変わっているというか、とにかく天然で面白い人という印象。
そして大事なところで連絡がない。終電で帰るではないですが、「今から行くよー。」と言ってやってきたのが2日後ということが、、、。
事情は後で聴けばわかるんですが、前もって連絡がない。
心配だと伝えても、「心配しなくても事故にあう確率なんて数%だよ。」とか屁理屈を言う。
それでも問いつめると更に音信不通w 話し合おうとしても舞台に上がってこない。
ようやくなんか言って来たと思うと、
「返事をしようとメールの文章を考えていたら寝てしまうんだよね。」とか、
「ちょっといろいろ考えていて宇宙の隅っこに行っていたからさ。」
とかいう 珍回答、、、。

力加減でいうと、歯磨き中に「歯ブラシ折れたー!」と大騒ぎしていたことがありましったっけ。
歯ブラシ折った人、初めてみました。

つい最近までこんな彼の行動が全く理解できず、彼にとってあたしの優先順位は低いんだろうと散々悩みました。酒量が増えていったのはそのせいもあるし、彼にだけ酔っぱらって絡んだのは根底に彼に理解して欲しいという気持ちが半分、どうせまともに話しても聴いてくれないんだという諦めが半分あったと思います。
うまく表現できないんですが、一緒にいるとすごく楽しいのに、どこか線を引かれているというか、彼の世界に入れない。浮気しているのかしら?とかいろいろ疑ってみてもどうもどれにも当てはまらない。
好む事柄は似ていて物理的な話ははずむのに、連絡がなくて心配だという感情が伝わらない、距離が縮まらない感じがありました。
誰かに相談しようにも、事象を話せばただの必要な連絡ができない常識のない人になってしまうので、それが嫌なら別れるしかありません、、、、。
けれど距離が縮まらないという感覚の反面、こんなに感性の合う人は初めてだなーという満足感もあるという相反する感覚をうまく自分でも整理できずに困っていました。

それが断酒をしなければと病院に通いはじめ、自分のことで精一杯で、彼との関係に悩んでいる暇がなくなってからやっと、ヒントが見つかるこの不思議。
あれもしかして?彼は発達障害の傾向があるのかな?

発達障害に関する知識はあるほうだと思います。
妹にもそういう傾向があるし、職場にも明らかにアスペルガーだと思われる人が数名いて困ったので、何冊も本を読みあさったことがあったのでした。

でも彼に当てはめて考えてみたことがなかった!
身近な人ほど盲点。

そして当てはめてみると、
身体的にはお腹を壊しやすいとか、チック症状があったり、顔立ちは整っているけど、
表情は乏しくて、笑顔はぎこちない。
興味のあることへの知識が異様に深かったり、彼特有の言語があったり。
妙に冷めていて合理的だったりするわりには、案外人が好くて騙されたりする。
記憶力もいい。行動を見ていると、画像で記憶できるのかな?と思う。
1つのことに集中すると他は忘れるみたい。
朝、仕事に行く前に話しかけてもだいたい上の空。仕事のことを考えているらしい。

そういえば検査入院のことを伝えたのは朝だったのだけど、
彼は、
「え?急に言う?」と言ったままフリーズ。
しばらく独り言のように、「それはやばい。」と何度もつぶやいていましたっけ。

その他エピソードは盛りだくさん、、、。

というわけで。
あたしはアルコール問題がきっかけとなり、
彼と良好な関係を構築すべく、改めて発達障害についてもお勉強することになりました。

つづく。

飲まない世界

今日は約1ヶ月ぶりの通院。

年明けまでは落ちていた気分もだいぶ復活したので、
今日は普通に行けた。

診察、ミーティングともに、久しぶりに行ったせいか少し新鮮なような、
居場所に帰ってきたような複雑な気持ち。

最近は飲まない生活が当たり前になってきていて、
お酒のことを書こうと思うとなんも浮んでこず、パソコンに向かってフリーズ。
しょうがないので諦めてシャットダウンなんていう日も。

このまま飲まない世界の住人でやっていけそうな気もするんだけど、
調子に乗ると足元をすくわれるんじゃないか?という不安もちょっとある。

ここまできたら終わり。
ここまできたらゴール。

依存症にそんなものはないので、「これでよし」とする区切りのようなものがなくて
ちょっともやもやするけれど。

でも考えてみれば人生すべて、そんなものなんですよね。
区切りが必要なら、自分でつけるしかない。
日々丁寧に過ごしていたらきっと、
「ここだ!」
っていうタイミングや変化があることでしょう。

とりあえず通院は週1回から2週間に1回になり、
これでフリーな週末ができました。

そこには新たな楽しみを、いろいろ入れていきたいと思います♪

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

断酒125日目 忘れっぽい

仕事帰りに用事があり、その近くにあるカラオケボックス。
うーん、行きたいな、どうしようかなー?
スマホでDAMの配信を確認。歌いたい曲が入ってる♪

うーんでも昨日もおとといも残業で、片づけたい家事もあるし、明日の夜も同僚と食事だ。

そうだそうだ。
夜遊びは計画的に。
今年の目標だったw

新譜はすぐには逃げないし、歌は家でも歌えるのでまたにしよっと。

というわけで食材の買い出しに行って、
ちゃんと夕飯を作って食べましたとさ。

そういう計画性とか意志の強さとかはお酒をやめてだいぶ高まってると思うんですが、
ひどいのが物忘れ。

もうひどすぎる。年のせいなのか?
いややはり、長年お酒を飲んでいた影響がないとはいえないかも。
ジョギングをさぼってるのもあるだろうな。

あれ?薬飲んだっけな?とかはしょちゅうだし、さっきも床暖房入れようと思ったらもうスイッチ入ってるし、おやつはどっちを食べようかなーと思って選んだのものと違うものを口にしてから気付いてびっくりしたりするし。

仕事関係の人も毎日会ってる人以外は、すぐ名前忘れちゃうし。

今のところ生活や仕事に大きな支障はないけど、、、。
どんなことを忘れるやすいかというと、習慣で毎日やってるようなことがほとんど。

すごーく意識してないと、鍵とかスマホとかどこに置いたかわからなくなるので、
置き場所を決めています。

必要な買い物は思いついたときメモしたり、予定は決まった時点でスマホに入れたり、
それでも心配な重要な用事は玄関の扉にメモを貼ったり。

いまからこんなことで、老後、大丈夫かしら?


認知症についてぐぐる。
慣れたことばかりではなく、新しいことをやるのは認知症予防にも大事らしい。
なるほど。
新しい歌を覚えて歌うのはいいことなんだな。

来週は計画的にカラオケに行こうw

https://sake.blogmura.com/kinshu/ranking.html ←にほんブログ村 禁酒・断酒

ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ