FC2ブログ

他人の幸せ

他人の幸せを本当に喜んだことがあるか?

と考えてみると、
実はないかも。

結婚式とか、これは世間一般的に喜ばしいらしい、
ところではそのようにはふるまうけれど、
はて?心底喜びが沸いてくるか?というと、そうでもない。

そんな薄情きわまりないあたしだからもちろん、
会社での他人の昇進だか昇給だかなんて、
更にどうでもいいというか、むしろひがんでいたぐらい。

のはずなのに。

このたび、上司が更に昇格。そして先輩があたしの上司に昇格しまして、
その報告を部署のメンバーは静かに聴いていたというのに、
あたしは驚いた後、なんだか喜びが沸き上がってきて、
「おめでとうございます。」
と、サクラか司会者のように手をぱちぱち叩きながら叫んでいたのでした。

あれ?なんで?
自分でもびっくり。

だって小煩くて言い出したらきかない上司と、
計画性がなくて短気な先輩。

どっちも結局面倒くさいので、ここでも悪口ばっかり書いているぐらいだ。

けど2人のいいところは、仕事が本当に大好きで、
もう「妄想じゃねえか?」「お前は社長か?」
と思うぐらい会社のことばっかり考えていて、
仕事では面倒くさいけど、普段はとっても楽しい人で、よく飲みにも連れていってくれる。

たぶん。
それでもなかなか昇格できなかったのをくやしく思っていただろうから、
今回2人の喜びが、とても伝わってきたからだと思う。

なんかあたし自身も
「心から嬉しい」
っていう感情自体ひさしぶりだったから、
なんか幸せな気持ちに。

ずっと仕事もやる気が出なかったけど、
愚直に頑張ってきた人の姿を見ていると、
もう少し頑張ろうかなーとちょっぴり思った。

ほんのちょっぴりだけど。

調子に乗ると、躁になっちゃうからねw


ダイエット

二年前に怪我をしてから、
まーったく運動しなくなっていた。

それまでは、スポーツクラブに通ってたし、
フラメンコにボードでしょ。
ウォーキングも一日2時間ぐらいしてたから、
たぶん躁状態も手伝って、ぜーんぜん太らなかったんですが。

気づけば最近ぷよっぷよ。
なんとかごまかしごまかし生きてきましたが、
去年買った服が入らないよー。

これはやばい。
とってもやばい。


鬱状態のときって、食べ物の味を感じにくくなるよね?
そこで食欲がなくなってくれればいいけど、
あたしの場合は満足感を求めて味の濃い物をいっぱい食べちゃう傾向にある。

最近は躁状態は落ち着いていたけれど、
鬱状態が長く続いていたから、何かを始めるパワーが出なかったんだなあ。

よし!

2年ぶりに一念発起して、
ひとまずウォーキングを開始。


してたった3日なのに、

強烈な

筋肉痛。

初めてボードにいって転びまくったとき以来の、
体中筋肉痛なんである。

いかに運動をさぼっていたかということですが、
歩くって全身運動なんですね。

体の痛みで実感。

今は薬を飲んでいないこともあり、
規則正しい生活に気をつけている。

このまま運動も習慣になって、
すっきり瘦せて、
気分もあがるといんですが。

あがりすぎには注意なんですけどね。

やる気

異動シーズンがやってきました。

私は異動を希望していたけれど、叶わず、
大嫌いな人も異動せず、
予想していた中で一番の、最悪の事態に。

上司からの評価も相変わらずで、
現部署で頑張ってください、
上を目指してください、
それにふさわしい行動をとってください。

まー毎年こんな感じ。
綺麗な受け答えをしていると、
悪く評価されることもないけれど、
どんどん希望しない方向に行ってしまってるような気がするので、
できるだけ主張。
今の部署は今の上司に呼んでもらった部署で、
そもそも考えてもいなかった仕事。
そのときは、人に望まれる仕事をするべきだと考えていた。

そしてもう自分のできることはやったと思うのと、
人の期待に応えようとすることはもう嫌になったから、
これ以上できることはないと思ったのだ。

「私は今は上を目指したいのではなく、自分がやりがいのある仕事がしたいです。
 ですからふさわしい行動といっても、それが何かわかりません。」

言ってみると。

「そやな。俺もわからんw 役割としてそう言ったけど、
 お前の言う通り、誰もかれもが仕事で上を目指すことが幸せとは限らん。」

ですって。

その後、なんか好きなことはあるか?
勉強していることはあるか?
を訊いてくれました。

それはいっぱいあるので、言ってみた。

「いいことじゃないか。それならこういう部署でこういうこともできるかもしれない。
 一年後、また聴いてやるから、ちゃんと資格をとれ。」

ちょっと変わった人で、他の部下からはだいぶ嫌われてますが、
それ故たぶん他の上司にだったら一蹴されるようなあたしの自己主張も、
結構真面目に聴いてくれるので、正直に言える点ではありがたい。

病気のことも全部は言ってないけれど、
眠れなかったときは話して、仕事ももうつらいんだということも話したので、
それからはムリも言われず、おかげでこんなに体調の悪い一年間だったのに、
皆勤賞という不思議なことになったのだけど。

とはいえ、異動できなかったのはやはりショックで、
しょんぼり帰宅。
あたしはもうどこからも望まれていなくて、
せいぜい嫌われ者の上司の下に、くっついているしかないんだ、きっと。

えーん と一泣きして考える。

結局今は病気が治ったとはいえないけれど、
副作用で薬を中断している状態。

それで環境が変わったら、
今より悪化する可能性もある。

今の仕事自体が嫌いなわけではない。
昇進を目指す気がないことと、
飽きたのと、
大嫌いな人がいるからだ。

嫌いな人も、使いようだとは思う。
もうやることはないといっても、ちゃんと整理すれば
いろいろと見えてくるかもしれない。

時間に余裕があるときは、
好きなことを勉強してもいいって言ってもらったし、
フレックスだし、
考えようによっては、いい環境かもしれない。

って、十分好き勝手にやってるか。
仕事があって、ご飯が食えるだけで幸せか。

少なくとも猫達は、
あたしを必要としてるだろう。

餌係としてw

あたしの幸せハードルは、
急速に下がって落ち着いた。

上がっていたのはもしかしたら、
ちょっと躁状態だったのかもなー。

そうでなければ、少しはやる気が出たのかもしれない。

どっちにしろ現状はもう変わらないので受け入れて、

明日からやることを考えてみよっと。



人間性

コミュニケーションの取り方が変で、あたしより上のポジションなのに、細かく指示しないと
全く仕事ができない人がいて困っていました。

最終的にもう冷たいぐらい距離を置くしかないと。
挨拶と最低限仕事に必要な話しかするのをやめ、
プライベートな話を始めたら聴こえないふりをすることに。
仕事はしないくせに余計なおせっかいは焼こうとするので、
それもやんわりとではなくきっぱり断り。

彼はそれをどう受け止めたかはわからないけど、
こないだまでため口だったのに、
もう今はこびへつらうぐらいの敬語に低姿勢。

適切ではないところで、
「ありがとうございます。」
「すいません。」
を口癖のように繰り返している。

ここまでやられると余計嫌みだってことはやっぱり、
気づいてないんだろうか?
それともわざとなのか?

距離が近くで気持ち悪いのは相変わらず。

もう私だけじゃなく、みんなに嫌われまくっている。

これは一体なんなんだ?
この人はなんか障害があるんじゃなかろうか?

といろいろ調べてみたところ、
たぶん、ADHDとか、発達障害に当てはまると思う。

にしても、今まで、どうやってやってきたんだろう?
そのポジションもどうやって築くことができたんだろう?

向いてる仕事だったり、周囲がうまくフォローしてあげてたのかな?

前部署でも家庭の事情とか、職場の人間関係で
何度か休職していたらしい。
彼の話題になると、何故かみんな苦笑して多くを語らない。

うん。障害があるのは仕方がない。
彼だけじゃなく、そういう傾向のある人は他にもいる。

あたしだって病気だもんね。まともとはとても言えない。

ただどうにも彼だけ受け入れられないのは、
他人のせいにするところ。

失敗するたびに一応反省の言葉を口にはするけれど、
叱られると反射的に、
「誰にきいたんですが、、、」
とか、
「こう言われたんで、、、」

とかそんな感じ。

他人には厳しく、口を開けば他人の悪口か、
自分がいかに大変かという愚痴。


これって障害というよりは、
パーソナリティだよね?

同じことを繰り返してしまったり、
取りかかるのが遅かったりするのは障害のせいかもしれないけれど、
人の悪口と不満の垂れ流しは、障害のせいだけか?

普通の人だって、それは努力するところだと思うぞ。

それでもやっぱり、
あたしが冷たいのかな?と、なんか対処法はないもんかと、
本を読みあさる。

相手のためではなく、自分が楽になるためだけどね。

でもやっぱり本は本で、
机上の話はなかなかしっくりこない。

世の中そんなに、発達障害という概念は浸透していない。
会社内でそういう人を見つけたとしても、
対処の方法なんて、、、あるのかな?

いまではもう、
あたしは彼を未知の生物と位置づけ、
その中でもうまく共存できない野生生物とみなしている。

反対に、同じ傾向を持つ人でも、人間的な部分でちゃんとしている人は
違う生物ではあるけれど、友好関係が結べると感じで、だけども理解してくれると
思わず、注意してつきあっている。

「あなたは面白いので、あたしの研究指定生物に指定します。」
言うと、
「研究していただくのは一向に構いませんが、ブログに書かないでくださいね。」
と返ってくる。
「いいえ、それは約束できません。ただし、あなたとはわからないように書きます。」
あたし。
「うーん、なら仕方ないですねーw」

許可がおりたw
なんてことを冗談まじりにできる人もいるんですが。

そうやって考えると人間的な魅力って、
ハンデとは別のところにある。
目に見えるかみえないかで、完璧な人はいないし、
バランスはどっかで崩れていると思うけど。

そこにばかり目がいくと何もかも同情してしまいそうになるけれど。

人間性はやっぱり、自分の責任だよ。

自覚

先日病院に行って相談した結果。
薬はこのまましばらくやめて様子をみることに。

気分は落ち着いていたし、
他の薬にするにしても、なんらかの副作用が避けられないみたいだし。

なんかそうするとまた不安もわいてくるんですが、
以前は双極性障害であるという自覚がなかったけど、
今はあるので、なんとかやっていけないもんだろうか?

まーしばらく試してみよう。
忘れないために、もっかいブログ村に登録しておきました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

自覚を促す作戦の一つ。

あとは決まり事を少し。

1、前もって予定、約束していた遊び以外は行かない。
  ・・・ハイになると、ぷらーっと遊びに行って際限がないので。

2、遊びの誘いは即答できなければ、断る。
  ・・・迷ったら行きたくない気持ちがあるので。

3、元気がなくなってきたと思ったら、人と会わない。
  ・・・人といすぎると決まって鬱がやってきます。

4、もう少しできそうと思ったところで切り上げてムリをしない


守りたいことはほかにもいろいろあるけれど、、、
だいたい躁鬱に大きく気持ちが動くひきがねはこんな感じかな。
遊びすぎたり仕事しすぎて疲れたり、睡眠不足になったりするからね。


薬をやめて5日。
手の震えはほとんどなくなって、PCや携帯メールを打つのが楽に。

耳鳴りはまだしてますが、あんまり気にしなくなったので
意識しないとわからないぐらいかな。

気分は昨日まではちょっと波がありましたが、
今日はすっきりした感じで安定していました。

人とはあまりいたくない感じですが、、、。
これぐらいの状態が一番楽かな。

さて、そろそろ寝る用意。

クロユリ団地

こないだの土曜日、
「クロユリ団地」
を観に行った。

感想は、
「うーん、中途半端」

心理サスペンスなのかホラーなのか?

サスペンスだとしたら物足りないし、
ホラーだとしたら怖くない。

怖くないじゃないかー!!!

ドキドキを求めていったのにな。

あっちゃんの演技も見た目も、うーん。
ふつー。ふつーすぎてつまらん。

そういえば、ホラー映画が結構好きです。

ジェットコースターは苦手だけど、
お化け屋敷は大丈夫。

無駄に気持ち悪いのは嫌だけど、
怖くてせつない話が大好物。

しかしそうやって考えると、恐怖ってなんだろうな?
ふつーは経験したくないことのはずなのに、
わざわざ好んで、あたしのように怖い映画を観たり、
恐怖漫画を読んだり、怖い乗り物や、冒険を好んだり。

悲しい映画とかくらーい話とかもそう。
ほんとはそういう目にあいたくはないはずなのに、
物語や音楽には浸ったりする。

人間はいろんな感情を持っていて、
通常負と思えるものも、バランスをとるためにはそれを感じることは
必要なことなのかしらね。

さて、クロユリ団地。
なんとも腑に落ちないので映画評を観てみると、
「すべて主人公の妄想だったのでは?」
というのがあった。
なるほど!
そういう見方もあるよね。

中途半端ってことはすなわち、
観る側の想像の余地がいろいろあるってことだし。

これといって特徴のない演技も、
それは案外上手ってことになるのかもな。

なんかないかなー怖い映画♪


副作用

リーマスを400mg飲んでますが、
指が動かしにくいし、トイレに行く回数が急に増えました。

指はまあ、日常生活にそれほど支障がないんですが、
トイレはつらくて。

金曜日の夜から一旦服用をやめました。
腎臓が心配だし。

一晩たった今、なんか指の動かしにくさと
足首が回しにくくなったなーと思ってたんですが、
それが楽に。
なんか筋肉にも影響するんでしょうかね?

月曜日は病院に行くので相談しようと思いますが、
デパスの副作用もすごかったし、
なんかもう、薬はいやだなあ。。。

となると普段の生活により気をつけないといけないんだけど。

双極性障害の本を読むと、薬は必要って書いてあるし、
自分で躁状態を自覚するのはやはり難しいものなのかなあ。

機嫌が悪い

今日は朝からすこぶる機嫌がわるい。
むっすり。
会社、行きたくない。

でも、行く。

嫌いな人がいる。
え?なんだって?これを教えてくれって?
あんたまだそれやってたの?

うざーい。うざいうざいうざーい(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

「機嫌悪くて切れそう」

昼休み後輩に愚痴ると、

「機嫌悪そうにしてくださいよ。笑顔で切れられるとよけい怖いです。」

どうやら笑顔で怒っていたらしい。

あたしの良心は、ときどきあたしの行動に矛盾を生む。

イライラすると更にイライラを呼び寄せる。

帰り際仕事が入り、すぐ片付くと思ったら、
一時間もかかってしまった。
一時間も残業してしまった。

ばかばかー仕事のばかー!残業なんて嫌いーーーー!

朝よりむっすり、ぷんぷん怒りながら帰路につく。
今日は機嫌治らない。絶対治らない。

家につく。


カレー食べる(大好物)


機嫌治る(*´∀`*)






愛の仲介屋

録画で「おまえうまそうだな」というアニメ映画を観た。

主人公は恐竜で、
草食恐竜が拾って育てた卵が、実は肉食恐竜。
それでも母恐竜は実の子と変わらず育て、
仲間はずれにされてもくじけず、
もしも自分が食べられても構わないと話す。

母の愛だよなー。

そういえば今日は、母の日だった。
お母さん、育ててくれてありがとう。

それでか!
昨日からやたら電話が入っている。
母ではない。
自宅の電話は、約束していない限り出ない。
メールが主流のこの頃は、急に電話をしてくる人なんていない。

妹以外はw

彼女は若干コミュニケーション能力に問題があるので、
こちらの都合お構いなしに電話をかけてくるし、
とったが最後、しゃべり続けるので2〜3時間はつぶれることを
覚悟しなくてはいけない。

連休は人に会い過ぎてちょっと疲れていたので、
誰とも話したくない気分だったのだ。

母とはちょっと前に電話で話したばっかりで、
プレゼントを送ったことも知っている。

妹は母の日を口実に、無駄話がしたいだけなのである。

と思っていたら今度は携帯に着信。

ほっとくとメール。

「プレゼント喜んでいたよ。」

いやいや、それは母から訊くからさw

「そりゃよかった。」
短い返事をして終わらせる。

無視するのが一番なのだけど、あまりしらんぷりをすると、
なんかあったんじゃないかと騒ぎだすので、それもムリ。

あたし別に、母と仲悪いわけではないのですが、
母の愛を勝手に仲介する妹。

身内ながら、未だに慣れません。





サイコ

こないだ観た映画「ヒッチコック」の内容は、
映画監督ヒッチコックそのものが主人公。
「サイコ」という映画製作を通じて、ヒッチコックの人間性や、
映画製作への想い、夫婦間の葛藤や愛情を描いたお話。

そういえば「サイコ」の内容はうっすら知ってましたが
観たことはなかったので、観てみました。
ちょうとNHKで字幕付きでやっていたので。

内容は、
主人公の女性が会社のお金を盗んで逃亡中のモーテルで、
殺されてしまうのですが、その事件の犯人は一体??
というお話。1960年の、白黒映画です。

感想は、
「やはり、すごい。」
という感じ。
さすが長年名作と言われているのがわかります。

主人公はバスルームで刃物で何度も刺されて殺されてしまうのですが、
血が飛び散ったりするような、えぐいシーンは全然出てこないんです。
規制が厳しくて裸のシーンがとれなかったからだそうですけど、
そこは音楽や主人公の表情、ナイフを持つ犯人の影などで十分表現されています。

そしていかにも善良そうな人が実は犯人で、
しかも大きな秘密を抱えているという。

こういう心理サスペンスは、
当時としてはすごく斬新だったんでしょうね。

犯人の最後の台詞と表情にはぞっとします。
特にこのラストは、、、似たようなものはあたしの知る限り思いつかないなー。

求む、良質サスペンス!

ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ