FC2ブログ

周囲の心配

今日は会社で上司との面談があって、
体のことをいろいろ心配された。

明らかに元気がないそうだ。

やっぱりそうか。
これでも薬で、気分がいいほうなんだけどな。

先輩からも。

で、相変わらず続く忘年会のお誘い。
断り続けるのもパワーがいるね。

これだけやってくるということは、いつもこんぐらいは飲みに行ってたってことだな。
自分で自分が信じられない。

それをあっさり断ることは、あまりの変化に見えるらしく、
問いつめられて白状せざるをえない今日この頃。

はっきり病名は言っていないけど、
体調が悪くて通院してるとか、眠れないので薬をもらっているとか、
そんな感じで。


もう少し、そっとしておいてくれる人がいるかと思ったけどそうでもないな。

病気の人をやたらと励ましちゃいけないことぐらいみんな知ってると思ってたけど。
知っててもできないんだろうな。
目の前にいる人がちょっと変化したからって、
悪い方には、認めたくないんだろうな。

心配してくれる気持ちはありがたいんだけど、説明に困るし、
申し訳ない気持ちにもなる。

普段は口うるさい上司も、
なんとかあたしを理解して、励まそうとしてくれようとしてるのもわかるんだ。

だけとあなた達が好きになってくれていたあたしは、
もういないんだ。
あれは躁状態の幻だったんだよ。

とはいえできる限り自分の状態は説明して、
ほんとうに体がしんどいので無理できないことを伝えました。

それは理解してもらえたようなので、
気持ちは少し楽になったかな。

自分でも通院して、薬を飲んで規則正しい生活をして、
物事を悲観的にとらえすぎないように努力もした上で、
これまでの半分ぐらいしか頭が働かないんだから、
これ以上どうしようもないのは本当なのだ。

だから負い目に感じるのも、
やめにしたよ。




今日は元気

今日目覚めたらなぜかすっきり。
みぞおちの憂鬱はどっかへ消え去り、
すっきりさっぱり。
体も軽い。

あれ?

まさか緑黄色野菜のおかげでもあるまいし、、、。

昨日の行動を振り返る。

寝る前に自律訓練のCDを流してリラックスできたけど、
相変わらず寝付きはすごく悪かったし、
朝も早くから目が覚めていたし。
それでも少しは効いたのかな?

しめつけるような頭痛は少し楽になったし、
何より手が温かくて動かしやすい。
ちょっと震えたり体が固くなってる感じがしてたのが、
今日はうんと楽。

犯人はデパスとふんでるのですが。

こいつを飲むと最初はよく眠れて体が軽い感じがしたんですが、
たまにやめると悪夢にうなされる。
頭痛もなんだか薬が抜けていくときの禁断症状のような気がするし、
最近は飲むと呼吸が苦しい感じがしたり、手がしびれることがあって。

今週はがまんしてやめてみたんです。
最初の夜はやはり悪夢を見ましたよ。
気が狂ったおじさんに追いかけられる夢。
夜中に目が覚めて怖かったけど、薬をやめたせいだからと思い直して
寝たら眠れた。

その後も、眠りは浅いけどね。

やっと薬が抜けたんじゃないだろうか?
安定剤や睡眠薬は、ちょっと怖いかもしれない。

と思っていたら、
残業で、しかもそんなときに上司にきついことを言われて泣きそうになった。

帰り道もずーっとおさまらなくて、
こんなことで泣きそうになるぐらいだったら、
仕事なんてできないよう。どうしようととぼとぼ帰る。
ちょっと気分がいいからって、残業なんてするんじゃなかった。

家に着いて泣きながら、猫にぐちる。
ピザトーストを作ってぱくつきながら更に泣く。愚痴る。

あー。
自分のことで泣いたのって久々じゃないか?

TVや小説なんかで感動して涙することはあるけども。

しかも泣きながら食べてるし。
生きる気まんまんじゃないか。

それに上司はいつだって、言い方がきついししつこいのだ。
前からあんな人だ。

言われたことももっともだし。

泣いたら少しすっきり。

仕事には不安を感じるけどね。
気分変調のストレスには確かになっていると思う。

でも今日は憂鬱にまではならないな。

前だったら、
「見返してやる」

と、頑張ったと思うんだけど、
頑張れないからな。

適当にかわすしかない。

それができれば苦労しないけどな。

なんか危険な綱渡りっぽい。

しんどいぞ

今朝は、なんだか気分どんより。

「会社行きたくねー。」

叫びながら、それでもベッドを出る。
用意して、会社に行く。
あ、ハンカチ忘れたし!
なんかとっても悔しい。

日中は頭働かず、のろのろペース。
みぞおちのあたりにどんよりとしたいつもの固まり。

それでも先月の今頃よりましなのだった。

確かに気分はまし。

でもからだはしんどい。
だるいし、耳鳴りはするし、ときどき締め付けられるような頭痛がする。

薬のせいだと思う。

「どうしたー。顔色悪いぞ。緑黄色野菜を食べろ、緑黄色野菜を!」

なんにも知らない会社の先輩が言う。
たぶん励ますつもり。

この人はおせっかいなのだ。

「もっと愚痴でもなんでも話せよー。」

みんなの前で言われてもなw

悪気はないのはわかる。ほんとに励ますつもりなのだ。

そういえば最近、お腹はすくんだけど、何を食べていいのかわからない。
食べたい物が浮かばないのだ。

料理、好きだったんだけど面倒くさくなって、
外食したり、家ではパンばっかり食べてる。
パンはあんまり、好きじゃなかったのにな。

そういえば野菜不足かもな。

久々にちゃんと作って食べる。
野菜炒めとみそ汁とごはん。

食べたよ、緑黄色野菜!

ちょっと元気になった気がした。

ほんとの私

初めて病院に行ったとき、
困ったのが問診票の、確か

「自分はどんな性格と思いますか?」

っていうような質問。

例えば外交的であるとか内向的であるとか相反する項目があると、
どっちに丸をつけていいかわからない。
鬱状態のときだったから尚更判断できない。
結局その他の欄に、
「その時によって違う」

と書いて、後から考えてもその通りだったと思う。

で、今。
これが普通の状態だとすると。

あたしは内向的で消極的。
大勢でいることを好まない。
刺激を好まない。
静かな音楽や自然や猫が好き。


料理はあんまり好きではなく、食べ物にあまり
こだわりはない。
お酒も苦手。

本は好き。


やっぱちょっと、プロフィールとは違うところがw

子供の頃学校で自分の長所と短所を考えてくるという宿題が出た。

母に、
「あたしの長所と短所ってなんだと思う?」

訊いてみると、

「ごめん、お母さんにもわからない。」

って言われて戸惑ったことがあった。

お母さん、今でもときどきわからないときがあるよw

おつきあい

あっというまに11月も終わりに近づき、
師走がやってきますねえ。

そのせいか、いろいろお誘いが多いんです。

最近のあたしの気分はまあまあ安定してはいますけど、
鬱よりではあります。人に会いたくない。


バイポーラーワークブックには、
鬱だからといって人付き合いを避けないように書いてるけど、
そんなん無理です。
この辺の訳は不完全ではないか?と思ったりしますw

もちろん完全に孤立するのはよくないと思うけど、
家族や親友には連絡とってるし、状態のよくないときでも信頼できる人とは、
それでもごはんに出かけたりもします。
会社にも行ってるし、その中での最低限のコミュニケーションはとっているつもり。


で、体調がよくないということも伝えていて、もう何度も断っているから、
そろそろ察してくれまいか?と思うのですが、
へこたれない人達が何人かいらっしゃりw
かといって病状を詳しく説明しようとは思えない人達なんですよね、これが。


しかも最近は仕事環境の変化が大きくて、みんなが動揺していて、
「飲もう!」
とか
「愚痴聴いてください!」
みたいな気持ちもわかるんですけど、あのーいまあたし、
自分のことで精一杯なんです。
たぶん、あたしが普段より元気がないから
励まそうと思ってくれてる方もなかにはいらっしゃると思うのですが、
大人として、それは単純すぎやしませんか?と、ちょっと思ったりも。



もう断るのも疲れてきました。


お酒がないと、人付き合いは緊張する。
そもそも今フラットな気持ちになってみると、
あたしは大勢でワイワイはしゃぐこと自体が好きではない。

今はお酒を飲むと明らかに薬の副作用が出るので、
もうそれも無理。

これも躁状態のときの付き合いのよさが仇となっているわけですけどね。
あたしが変化しているだけで、周りは今までどおりかも。

今日もメールに電話の着信。
だから、行けないって言ってんだろうが。

だんだんイライラしてきたーw
そう。
行ったら行ったで楽しめるのかもしれないけど、
興にのると、今後は躁状態に移行しそうで、それも怖いんですよね。

タバコやめたけど、飲みにいくと吸ってる人がいるから心配みたいな気持ちと似てるw

みなさんはおつきあい、
どうやってコントロールしてますか?




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

カミングアウト

病気のことは、離れて暮らしている家族には言えないでいた。
たぶん、心配するから。
全然受け止めなくていんで、さらっと流してくれたらいんだけど、
どうかなあ?

なんて考えていたらたまたま妹から電話。
結局妹には言ってしまった。
妹はなんでもびっくりするから、その反応を想像すると嫌だったんだけど、
あたしもなるべくなんでもないことのように言ってみたら、
それほど驚かれなくても済んだ。

「一ヶ月ぐらいよく眠れなかったんだよね。」
あたし。

「そりゃおかしいわ。」
妹。

「前は元気だと朝まで飲んでたりしたから、眠れないことがあるって気づかなかったんだよね。」

「残念な姉妹だよねぇ。」

二人で笑う。

妹はちょっと珍しい病気を抱えていて、その二次的な害でパニック障害やら鬱やら、
精神疾患にもずいぶん長い間悩まされてきた。
現在も心療内科に通院中。
そういう面での一番の理解者といえば、今は妹になるかもしれない。

「あたしも躁鬱と思う。」

どうもはっきりとは病名を告げられているわけではないみたいなのだけど、
確かに。

「お金がないのに、買い物とまらないときがあったよねー?
 あれは躁だよね?」

自分で懐かしそうに言っていたw
確かにそうだった。

勢いで仕事を決めてきてはうまくいかなくてクビになることを繰り返し、
感情が落ち着かなくなると歩き回ったり、しゃべりはじめると止まらない。
怒り始めてもとまらない。被害妄想もすごい。
仕事もしていないのに、高級なものを買いたがる。
いらないと言ってもやたらとプレゼントを送ってくる。

などなど。

躁状態の見本のような時期が確かにありました。

病院を変えてからは徐々に落ち着いてきて、今は短時間の仕事ではありますが、
社会復帰を果たしています。

それでもときどき調子が悪くなると、被害妄想めいた話を始めるし、
やたらと意味のないメールや電話が増えるけど、前に比べたらずいぶんまし。

思い返せば妹は、子供の頃から感情が激しくて、一緒にいると疲れました。
いつもほとんど不機嫌で意地悪で、ときどきすごく上機嫌で面白いことを言う。

妹ほど激しく表には出なかったけど、内面的にはあたしもそういうところがありました。
パッと見は顔も似てないし、性格も全然違うとよく言われましたけど。
でもすごく似てるところがあるんだよなあと感じていたのはたぶんこの、
感情の浮き沈みのところとか、好奇心旺盛で、ころころ好みが変わるかと思えば、
時に一つの物事にひどく執着するところとか。

二人とも機嫌がいいときは、夜中になってもくだらない話で笑い転げて、
よく母に、
「早く寝なさい!」
と怒られていたのを思い出す。

双極性障害は遺伝性があるっていうけど、
それはたぶんほんと。

親戚にも躁鬱と思われる人が何人かいるもんね。

両親は妹のことだけでも心配しているのに、
あたしまでこんなだと思ったら、ショックだろうと面と向かって言えない。

ま、これで妹が勝手に言ってくれるだろうけどさ。


「あんたたちはしょうがないわね。」
ぐらいに流してくれそうな気もするけど。

年をとった両親に今更罪悪感とか持って欲しくないんだよね。
ただでさえ、妹のことでは周りにも育て方が悪いとか言われて、
悩んでいたからね。


姉妹そろって出来損ないじゃさ。

「ほんと出来損ないだよねー♪」

げらげらげらー。

長い間話し込むあたしたちに、

「何時間同じことばっかりしゃべってるの!」

母のあきれような、笑いがまじったような声がとぶ。

あの懐かしい、眠れない夜みたいだった。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

年末準備

今日の調子は低め安定ぐらいかな?
耳鳴りは相変わらずだけど、昨日みたいに変な頭の重さとか、
手の震えとかはない。

気分はいいけど、外には出たくないし、人にも会いたくない。

だらんとしたい。

今日のあたしは、ただの怠け者。

とはいえ、年末に向けてうかうかしてはいられない。

またもや仕事の環境は変わり、
あまり考えないようにはしてるけど、ストレスは避けられないし。
前だったらもっと変化を楽しめたりもしたんだけど、、、。

って違うか。

あれはテンション高かっただけだ。
お酒でごまかして、人間関係に依存してね。


ほんとのあたしは変化に弱くて、もともと仕事にも自信はないのだった。

それがほんとのあたしだから、しょうがないのだ。

さて、とはいえ怠けてばかりいても何も終わらないので、
できるところから準備だ。

年賀状は億劫だけど、これでつながっている人もいるのでやっぱり書こう。
毎年手書きで時間がかかったから、ネットで印刷を頼む。


ここ数年、お正月は帰省していなかったけど、、、
やっぱり帰ろう。
早めに予約。

明日から産業カウンセラー養成講座の実習が始まる。
受講動機を書かなくちゃ。
面倒くせえ。

いやいや。こういうものなのだ。ちゃんと書こう。
いるものをそろえて、場所と時間をもう一回確認して。

不思議なことに最近のあたしは少し計画性も出てきた。
気分に左右されてもいいように、できるだけ早めにとりかかって
不安を減らすのは有効だなと思ったから。
手帳にもぎっしり書き込むようになった。

前はなんか、ほんとにその日の気分で、
行動は衝動的で、根拠もなく前向きだった気がする。
それでなんとかなるパワーもあったりしたもんだから、
計画性は全くなく、思い立っただーっと突き進む感じ。
計画的に行動できる人はすごいと思っていた。

でもやってみればできるもんだというか、
何かを失ったら代わりに得るものがあって、
どういう状況にあっても人は成長できると言えるのかもしれない。

ま、薬がガードしてくれてるんでしょうけど。
ほんの微量の物質で、守られるあたしの何か。
細胞かな?神経伝達かな?

なんか不思議な気持ちになるけれど、
とりあえず日々コツコツやっていこう。

憧れの、コツコツタイプ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

やっぱ副作用だよ

今日夕方からなんだか頭が重くて、
体中むくんだように重い。なんか生理前に風邪ひいちゃったときみたい。
(生理前でも風邪をひいているわけでもない)
耳鳴りも相変わらずだし。

夕方の会議では朦朧として眠かったし、なんか目もしばしばするし、
上司の冗談に、あたし一人が笑い転げて涙が出る。
やっぱりちょっとハイではないかと疑うが、
かなり鬱のときでも「言いまつがい」を読むと笑ってしまうので、
どこかに笑いのつぼがあるのだろうと思う。


だけど今日はカウンセリングスクールの日なので、
その状態のままスクールへ。

なかなか話に集中できないし、眠い。
メモをとっていると、あれ?やっぱ手、震えてるよなあ。。。
最近キーボードも打ちづらいときがあるし、
なんか文字、書きにくい、、、と思って丁寧に書いたせいか、
いつもより綺麗という皮肉。

帰りの電車では本に貼ったポストイットを貼り替えるのが難しく、
なんか軽く目眩もするような。

にしてもリーマスは一日300mgしか飲んでないし、この量で2週間たったし。
耳鳴り以外、こんなにはっきり具合が悪いことはなかったんだけどなあ。

で、昨日からの生活を思い返してみる。

昨日は病院で副作用かもという話をしてちょっと過敏になったところもあったし。
帰りは外食してビールをジョッキ一杯飲んだでしょ。

薬はいつもより時間を開けて飲んで、
夜中に睡眠薬も飲んだ。

眠ってたと思うんだけど、眠れた感がない。

そういえばのどの乾きを感じてたのに、
昨日今日は感じなくて、いつもより水分をとってないなあ。

そういえばお昼以降、水分を口にしてなかったよ。

帰ってお水とホットミルクを飲んでしばらくしたら、
手の震えは明らかに落ち着きました。
やれやれ。

薬の説明書を見ると、こんな量で効くのかしら?と
と思ったわりには気分はよくなってるので、効きやすいのかなー?

耳鳴りの薬と相性が悪いのかしらねー?
やっぱお酒はよくないか。

水分に気をつけて、もうちょっと様子をみよう。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

一錠足りない

今日は通院の日。
今日も気分はいいけど、昨日ほどのキラキラ感は無し。
憂鬱なときはたまにあるけど、一日中じゃなく、だいたいは行動していれば
気分がよくなることと、
一日おきによく眠れなかったり眠れたりすることなんかを話す。
昨日はちょっとハイだったことも。

「普通じゃないの?今は普通でしょ?」

割と強く言われる。時々話しを遮るように強く言うときがある主治医なのですが、
声もでかいし、まあ癖なんだろうと気にしないことにしている。今のところ。

「今日は普通?だと思います。たぶん。」
普通のときがあんまりないからこれが普通かはわからないけど、
ということは普通か。なかなかするどいじゃないか。

「あのー耳鳴りがするんですけど、薬と関係ありますか?」

「耳鳴りですかー。副作用の可能性がないとは言えませんね。」

今度はお薬事典みたいのをひっぱりだしてちゃんと調べてくれ、
耳鼻科での診察の経緯なんかもいろいろ聴いてくれてメモっていた。

「偶然重なったのかもしれないし、副作用かもしれないですねえ。
 もし続くようだったら薬を一回減らしてみましょう。」

今度はなんだか申し訳なさそうに言う。かわいいところもあるのだ。

気分は前より落ち着いてきたのと、耳鳴りもたまの不眠もまー我慢できないほどでも
ないので、相談の結果しばらくこのまま様子をみることに。
でもまあ確かに、副作用かもしれないな。副作用って、副作用のまま、ずっと治らないのかしら?

さて、いつもの薬局にお薬をもらいに。
「ごめんなさい、なぜか今日はリーマスがたくさん出てしまって、一錠だけ足りないんですよ。」

年輩のご夫婦で経営されているらしき、感じのよい薬剤師さん。

一錠ぐらいいいですよ、まだ余ってるし、と思ったんですが、
「郵送しますね。2〜3日待ってくださいね。」
ですって。

一錠のために郵送かー。それも恐縮だけど、まあお仕事だから仕方がないね。
よってありがたく郵送していただくことに。一錠だけをねw

帰り際に振り返り、
「しかし、一錠って惜しかったですね。」

あたしの言葉に
ご夫妻(たぶん)大爆笑w

今日もなかなかうまい返しができた。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

ちょっとHigh

昨日の夕方から明らかに気分がいい。
眠気もあったので、デパスを飲まずに寝てみたけど、
やはり眠りは浅く、一度目が覚めてからは寝たような寝てないような。。。

だけどなんだか気分はよいし、頭もはっきりしてるし、
今日は一人メンバがお休みだったけど、意外に仕事は片付き。
仕事帰りもちょっとしたことで笑いが出る。
鼻歌まじりにふんふんと歩く。どこまでも歩けそう。
信号でダッシュしても全く息も上がらない。

鬱のときは忘れていたけど、きっとこれが軽躁状態の気分なんだなと思う。
これぐらいの爽快な気分が続いたら、なんでも楽しくできそう。

このまま振り切ってしまいたい衝動にかられるけど、それがたぶんだめなんだろうな。
いつものあたしならたぶんこんなとき、お酒を飲んで遅くまでずーっと歌ってたり、
一人インタビュー一人つっこみしてみたり、
こんなときに誘われたら、明日の仕事のこのなんて考えず、
遅くまで飲み歩いてはしゃいだりしてたんだろうな。

ご機嫌手帳を見てみると、(手帳にニコちゃんマークでその日の気分を記録してみている)
一日のうちでも気分の変化があるんだけど、前日眠れなかったり、疲れを感じたあとに、
急に気分がよくなるっていうのが一週間に一回ぐらいある感じだな。

ここ数ヶ月の中で、今日は一番気分がいい。
でも変な焦燥感も若干混じってるような気がする。

ここでペースを変えないようにふんばってみよう。
ちょうど明日は通院の日だし。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ