FC2ブログ

Twitter

Twitterを始めてそろそろ2年ぐらい経つかな?

そこでこないだ、初めて超面倒くさいやつにでくわしました。

一回返事しただけで、もう昔から知ってる人みたいな馴れ馴れしさで、
「いつでも相談にのる。」
って言ってきたところからして、面倒くささはぷんぷん臭ってましたが。

その後は案の定、相談どころか自分の身の上話や自慢話ばっかりで、
更に大事な話があるとかってDM連続で何通も送ってくるし、
それに対して、
「もう読んだ?」って何度も催促されるし。
で、読んでみれば、やはり身の上話や自慢話が延々と続く。

へたするとそいつの発言だけでTLがうまるので超ストレスに。
返事せずに無視してもお構いなしw

全く空気読まないのに、
「自分は礼儀を重んじる」
とか
「温度差のわかる人が好き」

とか、全くもって矛盾する発言を繰り返す。

あたしにだけこんなんかいな?
と、相手のTLをのぞいてみても、
やはり、数名の人に同じように絡んでおり、
絡まれた人はあたしと同じように、適当にあいづちをうっている感じw

それなのに更にぞっとするのは、
「相手してあげないと怒られるから。」
と、まるで相手がしつこいような上から目線の発言。

びょ、病気だよね、こいつ。


Twitterの使い方なんて人それぞれだし、自分も
「こう使う!」というかっことしてものは特になかったわけだけど。

こんな風になってみると、
やはりチャットとは違うし、あたしの発言は他のフォロワーも見てる訳だから、
個人的なやりとりが延々続くのはちょっと困る。

人間ってまともに相手にされたいものだけども実際。
常に自分の何気ない一言に真剣に反応される、
もしくは真剣に反応することを求められることはほんとはストレスなんだぞー。

適当につぶやき、ときには共感し、ときには挨拶もするけど、
ほとんどはスルー。
そういう場がなくなりそうになって初めて、
強烈にいらっとしたぞー。

かといって故意に嫌がらせしてるわけでもなさそうだから一旦は、
無駄を承知で、不快な発言のときはそう伝えたり、
それこそ全く返信しないようにしてみた。

するとしばらく反省しているようなコメントをし、
その後話しかけてこなくなったのでやれやれと思っていたら。

それはほんの数日だけで、

あっというまに元通り、、、。

またもや、やつの発言でうまっていくTLに愕然とし、

だめだこりゃ。

はい、ブロック。

ふー。

単に不快な発言を繰り返す人をブロックしたことはあるけどさ。

こんなかまってちゃんは初めてで驚いたわよ、まったく。

一生気づかないまま、突き進むんでしょうかねぇ?

ま、ある意味、幸せな人かもね。

ノスタルジア

こないだマツコが、
昔はよかったって言い過ぎるのはよくないようなことを言っていたけど、
まったく同感。

ALWAYSやクレヨンしんちゃんの映画なんかを観ると、
昭和の風景や人情味に感動はする。懐かしくも思う。

先に進むだけじゃなくって、ときには振り返ったり、
昔ながらの良さを見直すことが大事なときもある。

あたし自身も進化し続けることには懐疑的な方だけど、
だからって、
「昔はよかった。」
っていうのは、いかがなもんか?とは思う。

ある面では人の繋がりは濃いだろうけど、
その分排他的でもあっただろうし。
多様な人生なんか今ほど望めなかったと思うし、
生活だって不便だったと思うし。

だけども思い出は、浄化されていいところだけ残るんだよね、きっと。

あたしなんて、
例えば子供の頃になんか戻りたくない。
今がいい。今が常に最高。
そして過去は変わらないけれど、
未来は作って行ける。

結局どうあがいても、
ほんとの昔には戻れない。

ときどき懐かしんで心を癒して、
人は前に進むのだ。

以上、
昭和の日に思うことでした。

メール

だらっと書くの好きだから、
メールも好きだったんですよ。数年前までは。

が。

最近面倒ったらありゃしない。

というわけで、
返事を書こうと思っていたら忘れちゃったりとか、

「了解!」

の一言とか。

今までのあたしではあり得ない感じになってるけれど。

必要になればまた書くだろうし、
今は必要と思わない用件が多いんだろうなーっと。

いうことにしておこう。

本当は

①「僕って優しいんです。」

②「あたし嘘はつけないんです。」

③「僕って案外まじめなんです。」


なんていうやつに限って

①逆に冷たい

②間違いなく嘘つき

③だからなに?かっこいい悪だとでも?

ってな感じかな。

いずれにせよ、


「自分はこんな人です!」

っていう主張がやたら多い人は、
だいたい口だけ。

本人は誤解されてるとでもいいたいんでしょうが。

行動が伴ってませんけど、、、。

美しさ

猫を見てると、
美しい生き物だなーと思う。

そのかたち、そのしぐさ。

今日フィギアスケートを見ていても、
美しいなと思う。

人間の身体の美しさ。

きっと不摂生したり、運動不足にならなきゃ、
人間の身体もそれぞれ美しいフォルムになるんだろうな。

ってことは。
世に存在する生物はたぶん、
それぞれに、

ほんとうは美しいんだろうな。

そんな人たち

最近友人がとあるトラブルに巻き込まれた。

週末お泊り会を開催して、顛末をゆっくり聴いてみたところ、
「いい大人がそんな対応する??」

っていうような。
どー考えてもどーひいき目に見ても、中学生ランク??

ま、実際は中高生ぐらいの子を持つ、
父兄達同士のトラブルですなんですけどね。
子供達のほうが、もっとうまくやるんではないでしょうかね。

「そんな低レベルの人たちって実際いるとこにはいるんだよ。」
「そうそう、もう災害にあったと思って、深く考える必要はないと思うね。」

あたしと友人達口々に言う。
どう考えても、被害にあった人たちの方に攻められるほどの非はない。


うんたぶん。
確かにいる。
理不尽な人。
下品で粗野な人。
そのために巡り巡って結局自分が傷ついてるのに、
その因果関係が理解できない人。
いやたぶん、想像しようとすらしないんだろうな。

そんな極例はやぱり存在していて、それを助長する仲間がいて、
自分たちは正しいと信じきっている。
もしくは弱すぎて、人を攻撃することでしか自我を守れないのかな?

それは年齢を経たからって解決することではないらしい。

あたし達ができることってさ。
そんな人たちと関わらないようにするしかないんだよね。
どーしてそうなんだ??と周囲が気をもんだって、
変わること、ないからね。

プレゼント

いやな奴は去り、
代わりにやってきた人は穏やか。

そのせいか、笑うことが増えた。

最近バタバタしていた仕事までも、
なんだか穏やかな一週間だった。

明日は仕事終わりに親友達と飲みだ。

なんか。

プレゼントみたい。

神様がくれた、、、と言いたいところだが、

神様は信じてないので、
なんとなく、この宇宙の何かがくれた、

たぶんつかのまの休息。

すっぴん

続けて芸能テーマですが。

最近ブログに
「すっぴん」
を載せてる芸能人が多いですが、
あれ、なんなんですかね?

TVでもすっぴんを披露する番組やってましたけど。

「うわー!きれー!かわらなーい」

とか周囲は歓声あげてましたけど、

は?

あたしは、
「いやいや、じゅうぶんおばさんだと思うけど。」

年相応だよ。


ほとんど変わらなかった叶姉妹はさー。
まつげエクステだし、眉もアイラインもいれずみだし、
そりゃ変わんないよ。

だいたい、みたくないぞー。
あえて芸能人のすっぴんとかしわとかしみとか。
一般の人よりきれーに見えるところに価値があるのに。

男の人は見たいんですかねー?
素顔を見たら、より身近に感じるとか?

あたしは例えばがっくんとかhydeのすっぴんなんて、
絶対見たくないですけどね。

女王様

最近の浜崎あゆみの動向が気になる。

全然ファンじゃないんだけど、親友がコアなファンなため
薦められるままにアルバムを聴いてみたり、
PVを観たり、ライブに行ってみたりしているうちに、

「なかなかやるじゃないか。」

と思うように。

結局好きにはなれないんだけど、その孤高さやケバさ加減も
最近貴重だなと思って。
だってほら、近頃じゃロックやパンクバンドだって、
全然ギラギラしてないし、Tシャツにジーンズとかでむしろまじめそうだし。
あたしは、芸能人の素の部分なんかよりも、
きちっと作り込まれたものが観たいタイプなので。

けど最近の、Twitterでの事務所やスタッフ批判ととれる発言には???

とか思っていたら、一年足らずで離婚。
理由に震災をあげるわ、
ついでに日本じゃ入籍してないっていうし、
単なるプロモーションとしか思えない言動の数々。

そしてとどめは最新アルバム。

「なんだこりゃ?」

何度聴いても薄っぺらい曲に薄っぺらい歌詞。
いったいどこへターゲットを置いてるんだろう?
10代?
いやいや。
今の10代が、こんな歌詞に心打たれますかねー?
よほどお金が余ってるお嬢様ならあり得るかもしれませんが。

もう本人もわかってて、好きなようにやって、
コアなファンだけついてきてくれたらいいって感じなら、
それはそれでいんだろうと思いますけどね。

ファンじゃない人も惹き付けることができる、
アルバムやライブの構成の良さなんかを思うと、
もったいない気もしますね。

ま、本人の力だけじゃないでしょうが。

気になるので、
アリーナツアー、
やっぱ観に行くんですけどね。(←まんまと戦略にはまっている)

ドラえもん

siriやしゃべってコンシェルのCMを観て。

「だいぶドラえもんに近づいてきたよなー。」

というのが感想。
自分に答えてくれるロボット。
電化製品全部についたら面白そうだ。

あたしの記憶では、ドラえもんは2015年に誕生したはずだったので、
そろそろできそうだと思っていたけど。

調べてみると、ドラえもんの誕生は2112年ですと!?

けど当初はやはり、2012年の設定だったそうです。

あれ?
あたしの記憶の2015年は一体??

と思っていたら。
バックトゥーザフューチャーの設定は2015年だそう。
それと混じったのかなー?

結局現代にはドラえもんはまだ存在せず、
タイムマシーンもたぶん存在していないと思うけど、
(だれかが隠してなければ)
当初2012年ぐらいにはいてもおかしくないと思えるほど、
未来は遠かったともいえるかもしれないな。

だけど過ぎてみれば時代はあっというまで、
ドラえもんは更に100年先の未来に追いやられた。

きっとこれからの100年も、
あっというまなんだろうな。
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ