FC2ブログ

やりがいみたいなもの

今週、直上司が体調を崩してしばらくお休み。
時々仕事がわからないときに訊いていた、前任者も入院中。

全くストレスの多い仕事に違いないw

必然的に自分で一から調べ、もいっこ上の上司に決裁お願いすることになる。

これが超厳しい人なので、めんどうだし、嫌だと思っていたけど、却って話が早い。

上司とそのまた上司の見解が一致しているときはいいけど、
そうじゃないときは二度手間。せっかくやったことが覆されるということもあって
倍時間がかかるし、間に挟まれて不快な思いをすることも多い。

それに少しでも自分で決断できるほうが楽しい。
責任はあるけど、言われたことをそのままやるのは楽なようで、
少しづづ自分を蝕んで行く。

たぶん何かがすり減っていく気がしてた一因は、そういうことだろうと思う。

結局自分の何がダメで何が嫌なのかはよくわからないので、
行きづまったりイライラしたり、嫌な人が表れたら、とにかく心の中で感謝の言葉をつぶやく。

そのおかげかどうかはわからないけど、
最初は振ってきた仕事に、
「え?わかんないぞー。こんな上司がいないときに、、、。」

ほんとにこんなときに限って、質問やトラブルの嵐。

でも調べていくうちに誰かが助けてくれたり、ほんとに困ってる人がいるから
なんとかしなきゃと心から思えたり、ふと名案が浮かんでうまく解決できたり。
難しいと思っていたことが、案外簡単に理解できたり。

とにかく間違えても、自分の力でやってみないことには成長しないらしい。

たぶん直上司が優しさから、ずいぶんかばってやってくれたことが多かったんだと思う。

優しさは、使い方を間違えると心を蝕むみたいだ。

あたしも悪い意味の甘えは捨てて、自分や周りの人を信じてやってみることにする。


手放す

今の仕事より、やりたい仕事があるのですが、
ここ何年も部署異動が叶いません。

上司はほんとに縁のある人で、
たぶん一番長い事、彼の配下にいるかも。

けれどあんまり成果も出せないでいるんですよね。
お世話になったという引け目もあるので、
なんか萎縮するところもあるし。

すごく頭がいい人で、理屈じゃ全然太刀打ちできません。

とにかく今の仕事を頑張ってみたり、自分の希望もときにはすごーく主張してみたり、やんわり言ってみたり、
むしろ黙ってみたり、関連する資格をとってアピールしてみたり、いろいろと試してみるんですが、
「ここでもできるじゃないか。」
みたいに落ち着いてしまいますw

仕事があるだけありがたいとは思うし、
贅沢な悩みだと思われるかもしれないですが。

何故だか?どうにも何かがすり減って行く感が止まらないのです。

みんなこんなものなんだろうか?

今の部署にくるまでは仕事がとても楽しくて
やりがいを感じていたので。
もう数年たって、そろそろ慣れてきてもいいと思うのですが、
さっぱり慣れません。

彼との縁も、どういう意味があるのかなー?
と、配下につくたびに考えるんですが。

なんかよくわかりません。

昔はただただ厳しいだけの人で大嫌いでしたが、今はちょっと面倒くさいなぐらいで、
前よりは対等に接する事ができるようになった気はしますが。

離れたいと思いつつ、なかなか離れられないのはなんでだろう?
なんだかんだ言いながら依存してるのかなー?とかひねくれたかたちだけど、
必要とされてるのかなー?とか考えてみたんですが。

まてよ。

自分はどうだろう?

昨日、ふと思いついた。

とても仕事ができて、プライベートでも仲良しな後輩がいます。

彼女も今の部署がいやでたまらず、出たがっているのですが、
あたしは彼女を手放したくありません。

見ていると、嫌がっているほど、仕事ができないわけでもありません。
むしろ喜んでやっているように見えるのですが、彼女としては
とても頑張ってムリしているんだそうです。

彼女の話を聴いていると、もちろん仕事だからやるのはやるけど、
どーにもつらいとか、同じようにすり減っていく感とか、
共感できるところがたくさんあります。

見ているとかるーくはやーく仕事ができているように見えるので、
あたしより全然向いているじゃないかと思うんですが、

「その言葉そっくりそのままお返しします。」

とか言われます。
そーかそーかそういうことか。

たぶん仕事のスタイルとか得意なところは全然違うんだけど、
周囲からの見られ方とか、お互い必要としている感覚とかは
同じなんだと思います。

ということは。

あたしも観念して彼女を手放す決意をすれば、
あたしもまわりまわって手放されるんじゃないだろうか?

なんてことを思いました。

本来なら、大切な人を近くにおくんではなくて、大切な人ほど本人が
活き活きとできる場所にいかせてあげるのがいいことなんだと思います。

結局手放せないでいるのはあたしも一緒で、
自分の都合のいいように自分の身の回りを固めているのは同じことでした。

そこらへんの自分の意識を変えることができたら、
少しは何かが変わるかなあ?

わかんないけど、期待してみよう。

残業

残業が嫌いです。
というか、定時超えてまで、集中力が続きません。

それでも時々はどうにも仕事が集中したりとか、
急に誰かがお休みとか、
お客さまのご都合でどうしてもっていうのはありとは思うんです。

でも周りを見渡すと、残業は単に慢性化しているだけで、
ほんとに仕事ができてしまうので、どうにも仕事が集中する人なんて
ほんの一握り。

ほかは仕事が忙しかろうが暇だろうが、成果があろうがなかろうが、
いっつも残業しています。

あたしは残業しても効率が悪いと思うのでさっさと帰っていましたが、
それほど仕事の成果もなかったら説得力がないと思い。

上司のくだらん冗談とか雑談には返事をせず、
更に集中して仕事をすべく頑張ってみました。

ところ。

くたびれる!

だけどどんなに忙しいと思っていても集中して仕事をすると、
やっぱりどこかで時間は空くもんだなとも思いました。

そのときは仕事の手順を見直したり、整理整頓したり、
時間がなくてできないと思っていた優先順位の低い仕事をしてみたりします。

で、集中したものですから、やっぱり残しんどくて残業なんかやってられないわけです。

ただ。

なんか遊びがなくて疲れる気もしました。

日本は確かに残業が慢性化していて生産性の低い国らしいのですが。

仕事をしながら雑談するのも仕事のうち、
みたいなところもあるのかなー?なんて思います。

効率重視で仕事して、パッと定時で終わって、その後は完全プライベート!

というのもいいけど、遊びも人間関係も、すべて会社で完結している人も
未だ多いのかな?という気がするし、そういう人はそういう人で、
会社も文句言わないなら別にいいのかな?という気もしてきました。

ただ小さいお子さんがいるとか、介護が必要な家族がいるとか、
効率的に働かなければ、明らかに支障がある人もいるわけです。

そういう人も寛大に受け入れることができるならそれでいいですが、
たぶんダラダラ残業している人ほど、そういうそれぞれの事情に思いが及ばず、
自分だけが頑張ってる妄想に取り付かれていたりもするので厄介です。

それに会社の中ですべて完結してる人は、今は充実しているかもしれませんが、
定年で退職したら居場所がなくなって困るんじゃないかな?とも思います。

総合的に考えた結果、
集中して疲れる気もしますけど、
やっぱりサクッと仕事してサクッと終わって、
家族を大事にしたり、自分の時間を確保したり、仕事中に雑談するんじゃなくて、
とっとと仕事は片付けてご飯いくとか飲みにいくとかしたり、仕事とは違う世界を築いていくのも、
長い目でみたら、やっぱり必要じゃないかなと思いました。

物事は案外変わる

昨日、最近調子よくないことを書きました。

特に仕事に関しては、生活のために働いてるだけだし、なんの期待もしてないし、特に会社の人間関係なんてもう、
黙ってるとストレスがたまるので文句はいいますが、それが変わることも期待していないし。

なので、カテゴリ「仕事」も、今日で2個目という少なさw

だったのですが。

最近の主な仕事の不満は
1部署の残業が慢性化していること
2リーダー不在なこと
3距離感読めないおっさんがいて、特に女性社員のことを名前で呼ぶところが気持ち悪い

ことだったんですが。

あたしは残業は全くの無駄と思ってるので、よほど緊急とか差し迫ったことがない限り、
白い眼で見られてもとっとと帰るし、批判されてもできない仕事は断ります。

だけど単なる一社員が残業いやじゃーととっとと帰ったりわめいたところで会社全体が変わるのはムリだろうし、
リーダーはいるけど、リーダーの仕事ができなぐらい忙しいのもわかってるし、
距離感読めない人に、そもそも何言ってもムリなのですでにあたしは無視しているし、という感じ。


昨日祈ったというか念じたというか、
今は落ち込んでるけど、なんとかなるんじゃないか?
悪い方に考えすぎるのはやめようと、勝手に心に誓い、
薬の力は借りましたがとっとと寝たところ。

1残業絶讃の上司が、「たまには家族サービス」と、とっとと帰った
2リーダー不在では仕事が進まないので、勝手にリーダーシップを発揮して、仕事を振り直したら案外楽しかった
3他部署からクレームが出て、名前で呼ぶのは禁止になった

あれ?
ここのとこの3大不満が急激に動いたぞ!?

嫌われるのを恐れず、正しいと思ったことをやっていたら、
動くこともあるのかもね。

特に2については。
責任のある仕事なんて嫌。早く帰りたい。とずっと思ってきたけど。
「マネジメントがやりたいな」
とふと思った。まじか?自分。

物事も自分の思いも、
変わらなさそうで、案外ちょっとしたことで変わるものなのか?

嫌な夢

もと夫の悪口書いたせいか、
嫌な夢をみたw

あたしは夫の元に戻っていて、その家族と一緒にいる。
夫の両親が迎えにくる。
雨の中、両親の友人とやらの家に歩いて。

あたしは思う。
「この人達、とうとう車も持てないぐらい貧乏なのね。」

夫の弟が表れて、
「どうして戻ってきたの?」

心配そうに訊く。

友人とやらのうちについても、歓迎どころか迷惑そうな顔をされる。
あたしは所在なく、なぜかゴロゴロしているだけ。

「あー。時間の無駄だ。いっつもつきあわされてこうなる。」

と思うところで目が覚める。

「あ。夢だったー。よかったー。」

こんな風に、過去の嫌だった風景に呼び戻され、
また現実に引き戻されるように目が覚める。

時々あるのよね。

なんか変わろうとしているとき、見る夢なのかなー?
という気がする。

人間は根本的には変わらないので、
別人みたいに変化しようとは思わないけど。

生活習慣を変えようとか、改善しようとしているときに
見るような気がするな。

そこで悪い状態のときの自分が足を引っ張るw

さぼりたくなったり、まーいっかと思ったり。

そういう不安感の現れかしら?と自分なりに分析。

どーしても嫌な仕事があるから、それを乗り越えないといけないんだろうなー。

あーリセットしたい。

離婚はできるけど、
生活のためには、仕事は辞められないもんなー。

我慢弱いあたし。
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ