FC2ブログ

哀しい知らせ

今日の午後、突然会社の後輩の訃報が届きました。

プライベートでも旅行に行ったりして仲良くしてもらっていたのが10年ぐらい前。
その後彼女は共通の飲み仲間の一人でもあった私の同期と結婚後、しばらくして退職。
どちらもとてもいい人で、二人が結婚したのは本当に嬉しかったし、よい結婚式でした。
ここ何年かはあたしもお酒をやめてあんまり出歩かなくなり、彼女も子供ができたり旦那さんの転勤などもあって、会えていませんでしたが、様子は時々伝え聴いていて、子供もできて、幸せにやっているんだとばかり思っていました。

ところが実はここ数年、闘病生活をしていたそうです。癌でした。
彼女と一番親しい、今は違う部署ですが、やはり会社の後輩から、仕事中だったこともあり、LINEで連絡がありました。

しばし呆然。え、○○ちゃんて、あの○○ちゃんだよね。え?
まさしくそこに書かれていた○○ちゃんは一人しかいないんだけど、いや待てよ、違う人かもしれないし、他にも同じ名前の子がいたかもしれないし、、、。
いるわけないのに、現実を受け止められず、何度も何度もLINEの文面を読み返すんですが、どこか現実味がない。だって健康的なイメージしかないもの。それが癌だなんて。

そうだ、写真があった。
今や写真はほとんどクラウド上だけど、数少ないプリントした写真の中に、彼女たちと旅行に行ったときの写真があった、、、。一緒に笑っている写真がたくさんあった。

それを眺めていたら、ああそうだ、彼女は確かに存在していて、そして生きていた。確かに生きていた。
そして先に、行ってしまったんだ、、、。

早いよ。まだ私よりずっと若いのに。子供だってまだ小さいのに。

視界がぼやけてきた。



ハンデをちょうだい!

ヨガを始めてから、ちょっと痩せたんじゃない?
と彼に言われてご機嫌だったあたし。

維持はできてるので、次会ったときはもう触れられないと思いきや、、、。
「よし、あと5キロ頑張ろうか?」
だって、お~い! 

実は彼のほうが一回り若いということもあり、これまであたしの体型とか年齢的な衰えに対して、なんか言ってきたことなんてないんですよ。
優しいなーと思っていたら、最近ぽっちゃり目だった彼が、ダイエットしてちょっと痩せてきたんですよね。

「僕もちょっとリバウンドしてきたから、一緒にダイエットしよう」
ってニコニコしてるんですが、おいおいちょっと待ってくれ。

そもそも男性より女性のほうが痩せにくい。しかも更年期にさしかかり、自分でもびっくりするぐらい体重が落ちにくくなってます。しかも体の痛みもあり、運動するのも努力が必要。

そんなこんなを並べ立てて5キロは無理だと反論しますが、
「それを言っちゃあ始まらないよ」
どこふく風~。

いや、おまえはいいさ。そもそも肉体労働だし、会社の中にもジムがあって運動できる環境。もともとずーっとサッカーやってたので体力もある。しかもあたしより若いんだぞー。ハンデをくれ!ハンデを!

だいたいあと2キロくらいは痩せてたらいいなとは思うけど、5キロじゃ痩せすぎなんだよ!!

「じゃ6月までに頑張ろうね」
おい!聞いてんのか!

くそー。そんなこと言ったら呪ってやるー。お前なんか禿げろー。禿げ散らかしてしまえー。 

ただしばらくして冷静になると、更年期とは思われるんだけどあちこち体調が不調なのも確か。
ヨガで少しは楽になったけど、体の痛みがおさまったわけではないんし、イライラと落ち込みのアップダウンも激しい。

ここらで観念するかな。
更年期の相談で婦人科を予約。

もう少し体のメンテナンスに目を向けることに。
まだ若い彼にも説明しなきゃのう。

年の差カップルの苦悩に目を向けるときがやってきた今日このごろw




猫の歌

今日は祝日で仕事はお休み。
普段通り起きたものの、やはり出かける気もせずお家でまったり。
午後になるとだんだん飽きてきちゃったなー。
あ、そうだそうだ。

昨日は猫の日だったし、この歌を覚えたかったんだった。
いい歌ですよね。北村匠海くんも魅力的だし。



サビはよく聞こえてきますが、こんな歌だったんですねー。
しかもアラフィフにも覚えやすいメロディ。あいみょんの曲なんですね。
あいみょんにはなんだか、勝手に70年代の魂を感じております。若いときは洋楽しか聴いておらず、しかもパンクにヘヴィメタみたいな感じだったから、むしろ同世代だったら聴いていなかったでしょうねー。

真似して歌ってるうちに、3年前突然亡くなった女の子(猫♀享年12歳)のことを、思い出して泣いてしまいました。猫になったんだな〜じゃなくて、もともと猫ですけどね。
もし生まれ変わったら、またうちにおいでね。

さて、しんみりしたのも束の間、関連でこんなのも出てきました。



しんごちんがだんだんいろんな猫になって、最後で大爆笑w ちょっと40代以上にしかわからない面白さかもしれませんが、よろしかったらどうぞー。

このほかにもしんごちんの夜に駆けるを聴いたんですが、これSMAP感半端なく、いやSMAPの曲ではないか?と思うほど。あたくしSMAPファンではありませんでしたが、面白いのでチャンネル登録してしまいました。

やはり歌はいいですねー。
新しい歌を覚えようとすることが、最近ちょっと億劫になってきている自分がいました。
若いときみたいに声も出ないし、最近の歌は難しいからなーと思うところもあり。
でもいざ聴いて口ずさみ始めると楽しくて、時間を忘れます。

今日テレビで広瀬香美さんが「音程を気にしたらそれが聴いている人に伝わって楽しくない。それよりも自分が楽しんで歌えばいい。音ははずすかもしれないけど、楽しさは必ず伝わる。」というようなことをお話されてました。

確かにそうだなー。
あたしは誰に聴かせるというわけでもないけど、歌うことが好きなんだから、あたし自身がもっと歌を楽しんで、あたし自身を楽しませればいいってことですもんね。

なんてことに気づいた休日の午後。

緊急事態宣言が解除になったら、カラオケボックスへGO!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

祝日の合間

今日は月曜日だけど、明日は祝日。
仕事はお休みを取る人が多くて、上司達ものきなみおやすみ。

最近は在宅勤務も増え、メンバー同士顔を合わせる機会が少ないので毎朝ショートミーティング。
いつもは報告事項だけで終わりだけど、上司のいない今日は、出るわ出るわ、仕事の愚痴や不満、、、w いやそういうと語弊があるな。建設的な意見ももちろんありました。

在宅勤務そのものは今やほとんど問題ではなく、仕事そのものですね。
こんなに最近仕事がつまらないのはあたしだけかなと思っていましたが、やはりみんないろいろ大変そうでした。相談できた時間は少しでしたけど、それでもだいぶすっきり。

上司がパツパツなのももうわかっているので、言えない雰囲気っていうのが一番問題かもしれません。
最近は一方的な報告ばかりで、議論する時間が全くといっていいほどないんですよね。
なんだかあたしから上司に伝えて欲しいような雰囲気も伝わりましたけど、、、察して動くとか、自分の役割でもないことを頑張るということはしないことにしています。

仕事でもプライベートでも、自分と他者の問題は、分けることがいまのあたしの課題。

実は現状、上司もメンバーも信頼していないので、進言することも、本音を伝えることも恐らくないでしょうなあ。寂しいことですが、これまで一緒にやってきて、そう感じることが多かったので。

もう少し自分ができた人間であったら、こちらから心を開いて信頼していくほうがいいんでしょうけどね。

でも今のところは「それは無理。」が本音。
本音はそっと大事にします。(言いませんよ、もちろん!)



すましてますが、今日は寝言でにゃーにゃー鳴いてたかわいい新入り




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

去年の今頃

去年の今頃は、インド旅行行ってたよなーと思いながら、その頃のブログを読み返してみました。
インドから帰国してVISAがすぐ停止になり、全国一斉休校。
その後マスクは市場からなくなり、デマでトイレットペーパーまでなくなり、、、。

あの頃から世界は一変したんだったなあ、、、。

そして春には緊急事態宣言。

今も自分が住んでいる地域は2回めの緊急事態宣言下にあり、あたし個人の生活は1回目の緊急事態宣言のときとほぼ変わらず、通勤や日常生活に必要な買い物や通院、最低限の運動以外、友人にも会っていないし全く外出していません。

でも1回めと比べたらそんな生活にもずいぶん慣れてきました。
最初はまだコロナとういうものの全容がわからず、マスクや消毒液も不足。
国の対策は後手後手で不安と怒りしか感じないし、職場環境の整備でも労力を奪われ、不信感が募るような出来事が積み重なってストレスが満載。
いつものように仲良しの同僚や友人と会って憂さ晴らしすることもできないし、毎年楽しみにしていたライブにも旅行にもいけない。自分のストレスを解消していたものや楽しみの大半が、一瞬ほとんどなくなってしまったわけです。

人間らしい生活が奪われるなら、生きていても意味がないなって、本当に思いましたもんね。

それが同じような生活をしていながら、今はなんともないんですから慣れってすごい。

初めは大きな環境の変化に大きな不安を感じ、そのうち現状を受け入れざるをえないという自然な流れもあると思いますが、人間て結局、本来は必要ない刺激に囲まれて生きてるんだなーということも徐々に感じ始めたという側面もあります。

あたしの場合は一人になる時間が増えることによって、「あれ?そもそも一人が好きだったよな。」ということを思い出すと、人に会わなくていい大義名分ができてラッキーな面もあるし。
好んで着ていると思っていた服装も、家にいることが増えるとやはり通勤のためだったなと気づいたり。
必要だと思っていた価値観は、コロナが発生する前は単に機能していたというだけで、それが最善とも限らない。むしろほんとは弊害だけれど、このままで困るという声は少ないからとか面倒だからと黙殺されてそのままっていうこともたくさんあったんだと思います。

コロナが発生したことで、もともと隠れていた問題が表面化したということもたくさんありました。

できなくなったこともあるけど、こんな状況だから新しいことも生まれるし。

カラオケボックスが休業してしまったときは、カラオケアプリを見つけたり、近所にスポーツクラブがあったらいいのになと思っていたら、自宅でできるオンライヨガやフィットネスが続々と登場したり。
ライブや旅行はなかなか行けなくて残念だけど、これまでの体験は何度でも思い起こして味わうことができるから、体験しておいてよかったなと本当に思うし。

実際に自分で行動して体験できるならそれが一番かもしれませんが、それすら本当は恵まれたことで、コストの問題、物理的な距離、健康上の理由などで自由に動き回ることができない人はたくさんいます。
オンラインでできることが増えれば、学ぶ場所や趣味を楽しむ機会が一気に増えるメリットもあります。

今やコロナも、有効な対策が徐々に解明され、ワクチンもできたことで次の段階に進むんでしょうね。

それは流行を追うような表面的なものではなく、本質的に進化したものであるといいなーと思っています。

懐かしのインド





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にアルコール依存から抜け出し、ようやく自分がやりたいことをちょっとずつ始めたアラフィフ会社員。
自分らしい生活を日々模索中。

猫、馬、熱帯魚など、動物が大好き。
2018年、1人海外旅行に初チャレンジ。
2019年、乗馬にチャレンジ
2020年、コロナと子猫がやってきた!
2021年、今年もコロナの激増でスタート。
今年はヨガを始めました♪

  

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ