FC2ブログ

クアラルンプール観光

昨夜は定刻どおりクアラルンプール空港に到着!

今回はツアーと合流して本日は一日クアラルンプール観光。

おととし行ったブルーモスクからスタート!
また来れるとは縁があったんですねー。

モスク前の噴水に虹が。


次はバトゥー洞窟。
ながーい階段を登る洞窟があって、ヒンドゥー教の神様が祭られています。

ここに入ったときはなんか涙が出てきましてですね。

お参りの仕方はよくわからなかったのですけど、みんなからはちょっとはぐれて、寺院に入ってお参り。なんかスッキリ。

その後はセントラルマーケットに移動して昼食にお買い物。ここでもちょっと一人になりたくなったので、お目当てのなまこ石けんを買ったあとは、コーヒーショップでこれ書いてますw

大勢いると楽しいこともあり、面倒なこともありw
でも一人では気づかない景色に気づいたり、いろんな経験を共有したり。

これからも、面白いことおきそうです。うふふ。

クアラルンプールへ

さて、今朝はまずクアラルンプールにむけて出発。寝てるんだか?寝てないんだが?ぐらいの浅い眠りで目覚ましが鳴る前に起床。

猫のえさよーし、水よーし、トイレの砂よーし。


結局最終出かけるときは猫チェックのみ。

ブラッシングもしてあげて行ってきまーす。


関空なら一駅だけ電車に乗ってバスで楽ちんですが、今回は伊丹→成田経由なので、伊丹までは電車とモノレールを乗り継いで一時間ちょっと。

途中でモノレール遅延の情報がありましたが、あたしが乗るときには正常に戻っていて予定通り到着。

さて成田乗り継ぎは初めてなので、また新しい体験です。伊丹の搭乗手続きは、国際線乗継用の窓口があって、そこで手続きすれば、荷物もクアラルンプールまで運んでくれます。

そのあとWi-Fiの受け取り場所をさがしてうろうろしていると、ラウンジでくつろぐほどの時間はなく、炭酸水だけごくごく飲んでいざ出発!

飛行機は乗継専用なのかな?
パネルにはなかったし、787で国際線ぽい仕様。




成田でもラウンジが使えるというのに待ちきれずお弁当をひろげてバクバク。

羽田上空とは違い、千葉は広大ですねー。

さて到着した成田。ひろい!
すでに7000歩歩いている本日。
搭乗口近くのラウンジで休憩中ですが、ここまでに本を買うのを忘れました!!

こりゃKindleに残ってるものを読み直すしかなし、、、。
そしてブログの下書きでもしますw

今日のお供はしろたん1号

なかなかパッキングができない

さて、いよいよ明日の早朝出発なので、とっとと帰って用意や片付けをしたつもりなんですが、もうこんな時間、、、。まだ洗濯機回してますw

それに、毎日毎日、「あ、忘れてた。あ、これもだ!」と詰め。

リュックとショルダーを2種類を、最後までどっちにするか悩み、ようやく決まったところです。
やれやれ。

ぱぱっと詰めて、ササッと出かけられる人に憧れますが、あたくし、相変わらず荷物が多いです。
ま、年齢なりに必要なものも増えていくので仕方がないですね。

明日は寝坊しないように、そろそろおやすみなさい!

旅準備とコロナウィルス

さて、旅の出発が2日後に迫りました!
旅行バックにとりあえずいりそうなものをポンポン放り込んでおいたのですが、本日から本格的にパッキング。
今回はちょっと大きめの60ℓのソフトケースを新調したので、容量的には超余裕。
持ち物チョイスもだいぶ慣れてきました。

最悪忘れちゃいけないのはパスポート、ビザに航空チケット、お金とカード。目が悪いあたしはコンタクトレンズや眼鏡、少しの着替えとスマホぐらいで、韓国や台湾などの近場に行ったときはほんとこれだけでいいかなっていう感じでしたがw

あたしが必ず持ってかないと後悔するものって何かなー?と考えると、カップ用のドリップコーヒー。
ホテルの部屋に揃っていることは日本でも少ないし、出かける前に部屋で飲みたい!と思うことが多いので。

あと忘れはしませんが、必ず持っていくのは薄手のダウンとパーカーにストール。
暑い時期でも飛行機や室内は寒いので。
特に今回のように寒いところから暑いところに行くにはコートとかロング丈のダウンだとかさばります。空港に預けて行くという手もありますけど、上記の重ね着ででかけ、現地についたら小さくまとまるのでサブバックにいれたり、腰に巻いたり。

あとはお腹弱いので胃腸薬とか、めまいの薬や頭痛薬とかですねw

しかーし、今週から本格的にコロナウィルスの対策が始まって、会社ではマスクをたくさんもらいました。
これまでもインフルエンザ対策で消毒薬やマスクは会社には常備されているんですが、半ば強制的に渡されまして。
出張や大勢集まるような会議も可能であれば控えるようにお達し。混雑を避けるための時間差勤務もOK。環境さえ整えば、在宅勤務も推奨の模様、、、。

なんかこれまでに経験がないほどの対策ですね。
確かに健康な人はそこまで気にしなくていいのかもしれないですが、症状が出ない人が、弱ってる人にうつしたり、一時的に大量に発症して十分な治療ができなかったりという可能性はあるので、できる対策はうったほうがいいのかもしれません。

うちの会社でいえば、これまでなかなか活用されていなかった特殊な勤務形態を試すチャンスだし、具合が悪ければ休むというあたりまえのことができにくい風潮の改善だったり、危機だからこそ発展するものもあるんでしょうね。

あたしの海外行きも、本来ならやめておいたほうがいいのかもしれませんけどねー。
彼が反対したのも、もし海外で発症したり、発症の疑いがあったときに適切な治療が受けられなかったり、足止めをくらったりすることを心配してのことでした。

直前まで動向は注視しますが、マスクや除菌グッズを用意して、気をつけて行こうと思っています。



妄想が効いたのか

さて、エンジェルナンバーのお告げか、それとも都合のよい妄想が効いたのか?
昨日ようやく彼から電話があり、会って話しができました。やれやれ。

事情を聴けば、なるほどね、彼の性格というか性質と考え合わせると仕方ないかって感じなんですが、とりあえず思っていたより元気で何より。大きな事故とかじゃなくてよかったです。

男前(猫♂)も最初でこそ警戒していましたが、しばらくすると彼の前に座って、にゃーにゃーにゃー。
「誰かと思ったらお前か!かあちゃんがずっと心配してたんだぞー!わかってんのか!早くおいらとも遊べーーー!!」
あたしの代わりに文句を言ってくれましたが、(今回も妄想)

彼は
「あんまり心配しなくていいよー♪ほんとにやばいときは連絡するからさー。」

ケロりんとしています。

あーそうだった。こんな人だったw

まーいいや。生きてるだけで。

「チョコありがとーー🎶」

あたしの注意や心配は聞いてるのか聞いてないのかでしたが、
チョコのお礼は何度も言って、タラランと仕事に出かけていきました。

よい想像を屈指

本日何気にスマホを見たら、
11:11分、気温11℃。
111111のゾロ目ですよー。エンジェルナンバー的にはすぐに願いが叶っちゃうナンバー。
いいことはもちろんですが悪いこともですよー。
いかんいかん、最近は憂鬱になりがちだから気分をよくしよう。
そうやって考えると浮んでくるのはあったかいイメージ。

自分だけじゃなく、人間みんなそれぞれ頑張ってるんだし、みんなそのまんまでいいし、あまりこねくりまわして考えたり、自分の気持ちをわかってくれないと感情的になるのはやめたいなーと思いました。想像力は大事だけど、最悪を想定したところで、それは回避できないということを、何かで読んで書いたことがあります。心の準備には成り得ず、嫌な気分になればなるほど損してるって感じです。

さて、午後はペットシッターさんとの面談。今回は友人と分担してもらうことにして、友人とは昨日打ち合わせとしたところ。友人と、友人の息子さんにも手伝ってもらって彼のアルバイトということで少しですが、アルバイト代を貰ってもらうことに。
友人が家にきたのは久々でしたが、むやみに構うタイプでははありません。
まずは放っておいてコーヒー飲みながらおしゃべりをしていたのですが、そのうち仲間に入れろとばかりテーブルにあがってきた男前。
気付けば彼女の前面に座り、彼女に前足でちょっかいを出しています。

対して本日いらしたペットシッターさん。
やはり慣れているだけにすぐに近づいて男前にシャーシャー言われています。
しかもいろんなペットのお世話をしているので、他の動物の匂いもするんでしょうねー。
結局テレビの後ろに隠れて様子を伺うのみの軟弱な男前。

ただ普段は動物の看護師をされているということで知識もあるし、何かあればすぐ病院に連れていってくれるということだし、たまにはプロに頼むのもいいかもねっと思いました。

シッターさんが帰ってからも難しい顔の男前。
抱き上げると玄関に向かってシャーシャーいっています。もうとっくにいないしー。
結構へたれな男前。お世話してもらうんだから、仲良くしたほうがお得に遊んでもらえるぞ。
言っても興奮冷めやらぬ男前。
「誰だあいつわー!あんなやつにお世話は頼んでないからなー!」
あたしにもシャーシャー。

やれやれ、困ったこじゃ。お前も、お前のライバル(彼)も。

そーだそーだ。
あたしもいろいろ細かいことは考えず、旅行の詳細日程とペットのお世話を頼んだことを彼にLINEします。
普段旅行に行くことを心配されたことなどないので、今回に限ってなんなんだ!?と変に詮索してしまいました。彼が自分が怪我をしたことの説明もなく何日も連絡がなかった後なので、余計でしたが、まーいいや。

カサンドラ症候群の本にも書いてあったように、彼の言葉が足りないところは想像力で補おう。

「コロナ流行ってるけどに大丈夫なの?やめたほうがいんじゃない?インドの人なんて免疫強いから発症してないだけかもよ?それにさすがにインドは一人じゃ危ないから心配してるんだよ。」
「そっかそーなの?でも発症者がいる州とは全然離れた田舎なのよー。むしろ日本人が危ないと思われるかもしれないぐらいよ。それに今回は途中から旅仲間と合流するので一人じゃないし、そこは大丈夫。滞在場所はこことここだよー。Wi-FiもってくからLINEでも連絡とれるし、心配なことがあったらいつでも連絡してー。」
「それならわかったよ。僕も休みがとれたら行きたかったんだけどな。うらやましいよ。」
「そうだよね。今度こそ休みをとって一緒にいこーねー。」

以上、妄想会話ですが、彼の本音はこんな感じでしょうか?w

さてさてそろそろ旅行のもちものチェックをしなくてはー。
忙しくなってきました。


仲良くなるとこんなに近づくよ

ほんとにマスクがない

今日は旅行用に除菌シートを買っておこうかなーとスーパー内のドラッグストアを覗きましたが、
ほんとにマスク売り切れてるんですねー。
花粉症もあるので、冬から春にかけてはいつもマスクは買い置きしているし、会社にも積み上がっているので、全然意識していませんでした。

除菌用のジェルも全然ない。除菌シートもノンアルコールばかり。あらら。
探すと2つだけあったので買いました。

そういえば会社のマスクも無くなってたなー。

みんなが対策していることで、インフルエンザの発症数が減ってるらしいですね。
やはり手洗いとか除菌とか、ばかにならないんですね。

うちにも食品やお掃除にも使えるアルコールのスプレーがあるんですが、あんまり使ってなかったので、最近は意識して使っています。

と、「結局インド行くんですか?」と彼からメッセージ。
いやいや、だから、一体何が心配で、どうして欲しいのさ。

返事に困ります。たぶん電話しても出ないでしょう。

という思いをこめて、
「どうしたん??」

ときいてみたら、
「気になっただけ。」

あーそうですか。
なんかもう、疲れたなあ。。。


風呂入って寝よ

先程はちょっとしょんぼりブログになってしまいましたが、そんな自分でもいいやって思っていると、だんだん楽な気持ちになってきました。

やはり、期待しているというか執着しているというか、囚われてるからしんどいだな~。

最近またちょっと、お酒をやめてしばらくの間、いろんな問題がムクムクと湧き上がってきたときに似ています。 全く同じ状況というわけではないんだけど、また変化の時が来ているのかもしれません。

案外停滞に思えたことは、そのままで幸せだったことなのかもしれません。
外側に揺り動かされる気持ちは、それそのものがホンモノじゃないのかもしれませんね。

仕事ではあまり動揺しなくなりました。
この調子でプライベートも安定した気持で過ごせますように。

おやすみなさい!

またも憂鬱な

最近ちょっとまた家族から憂鬱な連絡がありまして。
ちょっと連絡先を開放するとこれです。

いろいろ気持ちを切り替えようと努力してみましたが、
いまのところイライラと憂鬱な気持ちしか残らず、頭が締め付けられるよう。
みるみる自信がしぼんでゆきます。

やはり係るとダメみたいです。
家族関係やそれに近しいものから、どうしても嫌悪感が抜けません。

女性の活躍?

女性活躍推進法とやらのため、昨年あたりから女性管理職を増やしたり働きやすい環境づくりに関するプロジェクトが開始しているのは知っていました。自分の周囲でも40代前後の女性を中心に、何名かは管理職候補として頑張っていますが、まだ手探り状態のようで、個別に親しい人から時々話しを聞くぐらいで、どんな活動をして何を目指しているかはいまいち伝わってきません。

「なんで女性は誰も管理職になりたがらないんだろうねえ。」
時々男性の管理職の人に訊かれたりもしますが、さーねー?
あたしも明確な答えを持っていません。

ただ一昔前も社内で女性を活用しようブームがあり、案外女性が幅をきかせていたときがありました。
あたしの上司も女性だったし、自分も候補としていろんな研修を受けたり、役割以上の仕事を与えてもらったことがありました。ただ結局ところやってもやっても与えられたミッションをこなすだけで自分の希望からはそれていき、将来の姿が全く想像できなくなり、当時いた部署の方針にも賛同できず、他部署に異動希望を出して逃げ出した過去がありますw

今考えたら、競争が激しかった当時の環境もありますが、当時のあたしはたぶんこうでなくてはいけないんじゃないか?という自分じゃないなにかになろうとし、そうなれない自分にダメだしばっかりして勝手に疲弊していったような気がします。自分らしくいられなかったんでしょうね。

そんなあたしも50歳。これまでいろいろいろーんなことがあり、ずいぶん力を抜いて生きられるようになってきました。仕事もそうで、まーやればなんとかなるし、だめならだめで仕方がないスタンス。
仕事よりプライベートな楽しみを優先するようになったので、総合的に不満は減っていきました。
不満が減ってくると周囲の環境もガラッと変わり、ヘンテコ上司はいなくなり、優秀なメンバーが集まってきて、またまた仕事は楽になってきた今日この頃。

自分自身は今、仕事に関する不満も希望も特にないためあたしには直接関係ないなと思っていたら、その女性活躍なんちゃらプロジェクトに参加してください。できれば管理職も目指してくださいのお達し。
???あのおもう50歳なんで、今から管理職を目指すって?ずいぶん気の長いお話で。
一体何歳まで働かせる気なんでしょうか?

と、思いつつ、最近たまたま自分より若い女性の仕事の悩みがよく耳に入ってくることを思い出し。なんかこうもっと、年の功で貢献できないかなー?という気持ちはあったのです。管理職を目指すというよりは、なんかそういうことを一緒に考えたり働きやすい環境を作ったりとかですね。
それにつきつめれば女性というよりは、個別の個性が発揮できる環境っていうんでしょうか?

超漠然としてますけど。

なかなか誰もやってくれないと上司が困っているのもあって、
「いいっすよ。」
と、めっちゃ軽いのりでため口でOK。

最近めぐってくるものにはちゃっかり乗ることにしています。
強くなったものです。

さーて、何ができるかなー?
とか思ってる間に、ガンガン通常の業務がろくに説明も調整もなく入ってきます。

そもそもそういうところだよ!女子に嫌われるのは!

急に暖かくなった本日、ちょっと新たな仕事への情熱が芽吹きました。
ブログ村に参加しています
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
プロフィール

じーる

Author:じーる
2016年にようやくお酒と煙草をやめたアラフィフです。
日々感じたことを綴っております。

昨年は乗馬中心でしたが
今年は近場も含めていろんなところに旅したいです。

微妙なお年頃を楽しく乗り切れたらいいなーと思っています。
猫、熱帯魚、ときどきパートナーと暮らしています。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

月別アーカイブ